レゴ ウォッチ 腕時計の電池交換をしてみた

レゴ ウォッチの電池が切れてしまったので、電池交換をしました。

今回電池交換をしたのは以下の2つの腕時計です。

電池交換する時計

長年使っている時計で以前記事に書いたことのある2種類です。

Alpha Team

レゴウォッチ 腕時計 Alpha Team
Alpha Team 海の探検隊をイメージしたスケルトンブルーをベースにした爽やかな腕時計。 横に置いたのは、付属しているフィグ。 足ひれまで...

Mars

レゴウォッチ 腕時計 Mars
Mars 発売日:不明。購入したのは2001年 今は廃盤になっている男性も着けるようなサイズの大きな腕時計です。 カバンなどにつけれるよう...

いずれも現在は廃盤の時計なのですが、現役で使ってます。
Marsは14年間ほど、Alpha Teamは覚えてないのですが10年くらいは経っていると思います。

さすがにボロなのですが、壊れるまでは使いたい時計です。

注意点

裏蓋を開けたところです。

私が今回電池替えしたものは、どちらも裏蓋を精密ドライバーでパカッと開ける単純なタイプです。
それ故、開ける際に割れたり欠けたりしやすいと思います。

裏蓋

なので、大抵のレゴ ウォッチはプラスチック製なので気をつけて裏蓋を開けないと割れてしまいます!自分で電池交換をする場合は、割れることがあることを覚悟して自己責任で行いましょう。

もしくはプロに頼みましょう。私も何回かは時計屋さんでお願いしていましたよ。

あと、防水機能があるものは保証がなくなると思うので要注意です。防水保証してくれる時計屋さんかメーカー依頼が必要だと思います。

実は、今回交換したMars は30メートル防水付です。以前この時計を付けたまま海で泳いでしまったことがあるのですが無事だった優秀な時計です!

失敗例

実際、開けるのに失敗して割れてしまった時計もあります。。割れたのは Make and Create 4250341 というもので、今でもAmazonなどでは手に入るものです。

レゴ ウォッチ 腕時計 Make and Create 4250341
レゴ ウォッチ 腕時計 Make and Create 4250341 付属していた魚のブロックはどこかに置いてしまったよう・・ 発売日:2008年12...

実はこの時計は壊れるのが2個目。
1個目は使用していたら腕時計を腕に留める部分のパーツが割れてしまい、2個目は電池交換の時に蓋を開けようとしたら、裏蓋と本体側のはめる部分がくっついてバリッと割れました。

プラスチック素材が今回電池を変えたものと比べて少し弱い気がします…

電池の型番

腕時計なのでボタン電池が入ってます。

電池交換をする前にボタン電池の種類を確認する必要があります。
どちらも SR626SWというボタン電池が入ってたのでこれを購入。

電池
今回は、SR626SW 電池は近くのイオンと電気屋さんに売ってました。

前は近所で手に入らなかったので、やむなくAmazon出品されたものを購入しました。そのとき届いたのはソニー製の海外版だったと思います。でもちゃんと動きました。

あとは、切れたボタン電池を棒かなにかで外して、付け替えるだけでした。
今回は、2つとも無事に電池交換できて時を刻み始めて安心です。