レゴブロックで夏休みの自由研究!学研キッズネット「夏休み!自由研究プロジェクト2017」が登場!

夏休みの自由研究テーマについてまとめた学研キッズネット「夏休み! 自由研究プロジェクト2017」が公開されたことが、株式会社学研ホールディングスのグループ会社である株式会社学研プラスのプレスリリースで発表されました!

今回発表されたプレスリリースによると、「ブロックで自由研究」コーナーが8/1からスタートしたとの事で、レゴブロックを使って3D立体絵日記を組み立てたり、レゴブロックの組み合わせの自由研究?!などの楽しいテーマが提案されていますよ。

以下、プレスリリースの学研キッズネット「ブロックで自由研究」についての内容です。

————————————————-

株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研プラスでは、2017年7月1日よりWebサイト『夏休み! 自由研究プロジェクト2017(https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/)をオープンいたしました。

「自由研究テーマが決められない」「自由研究のまとめ方がわからない」という子どもたちの声にこたえる人気コンテンツがそろっています。

サイト内には500を超える自由研究テーマが掲載されており、「対象学年」や「かかる期間」などの条件を選んで、自分にぴったりの自由研究を探すことができます。

8月1日から新しく「ブロックで自由研究」のコーナーがスタートします。ブロックを使って組み合わせの多さやふしぎを発見する実験や、家族でお出かけをしたときの思い出をブロックやその場で集めたもので組み立てる立体絵日記を紹介しています。いずれも自由研究に役立つのはもちろん、ブロックを使うことで想像力も養われ、学ぶ意欲の向上にもつながります。また、家族みんなで作ったり楽しんだりできるので、これらの取り組みが夏休みの思い出にもなります。

子どもたちが自分だけの自由研究に出会えるよう、学研キッズネットは応援しています。
https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/block/

————————————————-

随分前になりますが、個人的には子供の頃の夏休みの自由研究で、定番の朝顔や植物などの観察やなぜか粘土で貯金箱などを作っていたような記憶があります。。

レゴブロックで遊んではいましたが夏休みの研究テーマにする事は思いつきませんでした。もし自由な研究テーマを選べるのなら、レゴブロックを使った自由研究も面白いかもしれませんね!

公開日:2017/8/2