レゴランド・ジャパンでプログラミングを学べるワークショップ「レゴランド・ラボ」が開講!4/8-

屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」(LEGOLAND JAPAN)において、レゴブロックを使ったオリジナル教材でプログラミングを学ぶワークショップ「レゴランド・ラボ」をブリックトピアエリアに開講することがLEGOLAND Japan株式会社のプレスリリースで発表されました!

「レゴランド・ラボ」ではそれぞれのレベルに応じたプログラムを用意しており、どのお子様でも楽しみながら学ぶことができるとのことですよ。

以下、プレスリリースで発表された「レゴランド・ラボ」についての内容です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマパークで習い事! 2020年度のプログラミング教育必修化に向けて新設 『レゴランド・ラボ』開講

2019年4月8日(月)よりスタート!

家族で一日楽しめる屋外型キッズテーマパーク「レゴランド・ジャパン」は、2019年4月8日(月)より、レゴブロックを使った「レゴランド・ジャパン」のオリジナル教材でプログラミングを学ぶワークショップ『レゴランド・ラボ』をブリックトピアエリアに新オープンいたします。

 

『レゴランド・ラボ』は、「創造力を刺激して、自分のイメージを形にし、発信する場と機会を提供する」をコンセプトに、お子さまのプログラミング的思考を育むためのワークショッププログラムです。受講するお子さまは、完全オリジナルのレゴモデル制作や操作の実験に加えて、受講者限定で行われるレゴモデル発表会やコンテストに参加することができます。

レゴブロックを組み立てる楽しさと創造力を育む既存のワークショップに加え、『レゴランド・ラボ』では、レゴブロックを通してプログラミングを段階的に学び、自分で考え、それを周囲に対して発信する能力を高めることを狙います。発信する場として発表会やコンテストを設けることで、テーマパークで友人と、さらには家族間でのコミュニケーションを図り、インタラクティブな体験を生み出します。

『レゴランド・ラボ』では、乗り物や動物など12種類以上の基礎モデルから1つを選び、オリジナルレゴモデルを制作します。制作したレゴモデルに名前や説明を加え、ラボ特製オリジナルポートフォリオに記録します。それぞれのレベルに応じたプログラムを用意しており、どのお子さまでも楽しみながら“学ぶ”ことができます。

また、3月15日(金)より、『レゴランド・ラボ』を事前に受講できる体験会を実施いたします(年間パスポートの提示が必要)。クリエイティブ・ワークショップで当日予約をしていただくことで、ご参加いただけます。

<『レゴランド・ラボ』概要>

◆開始日:2019年4月8日(月)
◆チケット料金:¥15,000(5回受講)/¥10,000(3回受講)※税込
◆クラス定員:平日 8名/1日1回、土日祝 16名/1日4回
◆参加資格:新年間パスポート(プレミアム・スタンダードのみ)、旧年間パスポート(年間パスポート・リゾート年間パスポート)をお持ちの方で小学生以上(おとなも参加可能)
◆参加方法:専用WEBページ、メール、専用窓口のいずれかで予約

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「レゴランド・ラボ」では習い事としてレゴブロックを用いたプログラミングを学べる有料講座として開講するということですので、お子様がレゴブロックで遊びながら学べそうですね。そして、3/15〜事前に「レゴランド・ラボ」を受講できる体験会も実施されるということですので、パスポートをお持ちで興味がある方はまずは体験してみると講座内容が分かりそうです。

また、レゴランド・ジャパン内にはアトラクションの1つとして、「クリエイティブ・ワークショップ」(無料・当日予約が必要)が常設されていますので簡単なレゴのワークショップをレゴランド・ジャパンに遊びに行く際に受けることもできますよ。ワークショップはすべて予約制のため、ご来園されたら早めにロボティックプレイセンター・クリエイティブ・ワークショップ1Fにてお申込みされることをオススメします。

【追記】 3/9 レゴランド・ラボのWebページが公開されましたよ。
https://www.legoland.jp/explore-the-park/legoland-lab/

レゴランド・ジャパン(LEGOLAND JAPAN)
(愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2-1)

公開日:2019/3/8
更新日:2019/3/9