シカゴ科学産業博物館でレゴで制作された建築物の展示会「Brick by Brick」が開催中!

シカゴ科学産業博物館で「Brick by Brick」というレゴで作られた建築物をテーマにした展示会が開催されています。

これは、LEGO 認定プロフェッショナルとアダム・リード・タッカー氏によって制作されたレゴ建築物の作品が展示されている展示会で、2017年2月まで開催されます。

シカゴ科学産業博物館(Museum of Science and Industry, Chicago)の公式レゴ展示の紹介動画はこちら。

(Brick by Brick – Exhibit Spot)

動画では、レゴでゴールデンゲート・ブリッジが組み立てられていく様子を早回しで紹介していますが、本当の工事現場のような雰囲気ですね。

展示会では、ローマのコロッセオや国際宇宙ステーションなどの大きなレゴ建築も見る事ができるようですよ。観に行ってみたい〜。

「Brick by Brick」展示については、シカゴ科学産業博物館の公式サイト(英語)へ。

販売されているレゴ セットとしては、レゴ アーキテクチャーというレゴ ブロックで建築物を再現するというアイデアの元に生まれたシリーズがあります。

なんと今回紹介したシカゴ科学産業博物館の展示会で作品制作をしたタッカー氏は、レゴ アーキテクチャーシリーズ(LEGO Architecture)の監修をしている方ですよ。

レゴ アーキテクチャー ニューヨーク 21028

2016年2月には、新製品として上記のニューヨークの他、ヴェネツィアやベルリン、ドバイの建築物のレゴセットが発売されています。
詳しくはこちらの記事へ。

【2016年2月新製品】レゴ アーキテクチャーから4種が新発売!
レゴ アーキテクチャー シリーズから2月に新たに4種類のセットが発売されます! 発売予定日は2/5です。 レゴ アーキテクチャーはレゴ ブロックで建築物...

また、レゴアーキテクチャーセットでは過去に、日本の帝国ホテルやホワイトハウス、エッフェル塔、トレヴィの泉、ルーブル美術館、オペラハウスなど様々な歴史的や政治的、実用的に価値があるものやデザイン性や芸術性に優れた建築物などがレゴに組み立てられていて、インテリアとしてもとても素敵なレゴセットです。

レゴ アーキテクチャー スタジオという建築物を白いブロックで作れる大容量セットが発売されていて良さそうなのですが、なかなか買えないお値段なんですよね。。
レゴで表現できるものは本当に幅広くて素晴らしいと思います。