レゴ書籍「The LEGO BATMAN MOVIE: The Making of the Movie」購入&レビュー

映画「レゴ バットマン ザ・ムービー」の映画製作メイキング本「The LEGO BATMAN MOVIE: The Making of the Movie」を買ってきたのでレビューしますよ。

映画の全米公開日である2017/2/10に新発売された洋書(英語版)です。
日本では2017年4月1日に映画「レゴ バットマン ザ・ムービー」が公開されますよ。

このメイキング本は現在のところ日本語版が発売されていないため、洋書(英語版)のみの発売になっています。

英語版のレゴ書籍でも日本語に翻訳されて発売されることが少しはありますが、早くても1年程かかったり、翻訳されないことが多いので、今回は英語版ですが映画公開前に購入しましたよ。入荷待ちだったので注文後に数週間かかりましたが無事到着です。

「The LEGO BATMAN MOVIE: The Making of the Movie」の内容については前記事で詳しく紹介していますのでこちらへ。

【2017年2月新製品】映画「レゴ バットマン ザ・ムービー」のメイキング本「The LEGO BATMAN MOVIE: The Making of the Movie」が発売!
映画「レゴ バットマン ザ・ムービー」(THE LEGO BATMAN MOVIE)の映画のメイキング本「The LEGO BATMAN MOVIE: The ...

「The LEGO BATMAN MOVIE: The Making of the Movie」

おもて

うら

The Lego Batman Movie: The Making of the Movie [ DK ]
出版社:DK Children
200ページ、ハードカバーの大型本(サイズ:23.4 x 1.9 x 27.9 cm)です。

映画「レゴ バットマン ザ・ムービー」(THE LEGO BATMAN MOVIE)のヒーローや悪役などのキャタクラー、乗り物、撮影場所などがどのように制作されたか映画製作のメイキング情報が満載の洋書(英語版)です。

本の表紙はつや消しのハードカバーになっています。

200ページとハードカバーで厚みがある本なので、このように↓自立ができます。
各ページはフルカラーでしっかりとした厚みの紙ですよ。

表紙には、主人公のレゴ バットマンが秘密基地バットケイブを見つめる背中が描かれていて、後ろ姿がなんともかっこいいです。

さて、本の中身ですが、本は大きく分けて、製作過程のタイムライン、ロケーション、キャラクター、乗り物についての項目について掲載されていました。

最初に映画の製作過程のタイムラインが説明されているのですが、企画からストーリーボードでアニメーションの動きを下書きしたものを用意したり、背景などのアートをモデリングしたり、レゴキャラクターのデザインを起こしたり、CGアニメーションとして制作したり、音や様々な効果を入れたり、レゴブロックセットの商品化を考えたりと、いくつもの過程があることが順番に簡潔に説明されていて、ふむふむ…と勉強になります。

次の項目からは、映画内のロケーションとして、バットマンことブルース・ウェインの豪邸や秘密基地のバットケイブ、その他の映画に登場する場所などのスケッチからコンセプトアート、完成したロケーションのアートなどのメイキング情報を見ることができて嬉しいです。

白黒のスケッチが映画に登場する鮮やかな色彩のデザインアートになるまでの写真など魅力的な内容です。

そして、「キャラクター」項目では、様々なメイン キャラクターたちの表情や衣装などのスケッチやコンセプトアート、レゴミニフィグ化するときの元モデルなど、様々な画像があって見るだけで楽しいです!

例えばバットマンのバットスーツやプライベートな服装など、多くのデザインが考えられていたことがわかります。映画の中でどのくらいデザインされた衣装が登場するのか楽しみになります。

様々な悪役のミニフィグ デザイン ギャラリーなどもあって見応えありです。

「乗り物」項目では、バットモービルやウィング、色々な乗り物のスケッチからレゴ モデルなど、映画に登場する乗り物などのデザイン画像が満載です。

英語がわからなくても様々な写真を見ているだけでも楽しめる本だと思いますが、簡単な解説などもあるので読めた方がもちろん詳しく分かります。
ということで、英語の文章については・・・Google翻訳アプリが大活躍です!カメラで英語が描かれた文章を写真に撮ると、文字解析して翻訳してくれる機能やリアルタイム翻訳が便利すぎです。

映画「レゴ バットマン ザ・ムービー」の映画の一場面やキャタクターたちが、スケッチやコンセプトアートなどの構想から完成するまでの過程がたくさんのデザイン画や写真で紹介されているので、映画の開発段階について知ることができます。
個人的に映画のメイキング本を読むのが好きなこともあり、レゴムービーの世界をより詳しく知ることができて楽しいです。

写真やデザイン画像が満載なのでお子様が楽しめると思いますし、大人にとってもレゴ バットマン映画製作の舞台裏を知ることができて楽しめる本だと思います!

今回レビューしたのは、こちらのレゴ書籍「The LEGO BATMAN MOVIE: The Making of the Movie」です。

2017年4月1日からの日本公開が楽しみです!
映画「レゴ バットマン ザ・ムービー」の公式サイトはこちらへ。

関連本

2017年秋に日本公開されることが決定した映画「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー(THE LEGO NINJAGO MOVIE)」(前記事) のメイキング本が発売予定(2017/9/22)です。

公開日:2017/3/12
更新日:2017/3/21