> 本日のAmazonレゴセール・クーポン情報 <
スポンサーリンク

Switch「レゴシティ アンダーカバー」のクリア感想・レビュー

ゲーム「レゴシティ アンダーカバー」(Nintendo Switch版)のメインストーリーをクリアしたので感想・レビューをしますよ。

「レゴ シティ アンダーカバー」は、もともと2013年にWiiU用に発売されたゲームタイトルで非常に高い評価を得ているゲームです。

今回購入したのは、2017年版としてオフラインでのマルチプレイ対応になり PlayStation 4(PS4)、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けのゲームソフトとして2017年6月に新発売されたものです。

今回はダウンロード版を購入してみました。

では、「レゴ シティ アンダーカバー」ゲームで遊んだ感想・レビューです。

「レゴ シティ アンダーカバー」ゲームのレビュー

今回遊んだのはニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)版の「レゴ シティ アンダーカバー」です。

Wii U用版が発売していた時から気になっていたのですが、当時、WiiU本体は持っていなかったため購入を見送っていました。

以前から遊んでみたかったゲームなので、今回ニンテンドースイッチ版やPlayStation 4(PS4)版として移植されて新発売するというニュースを見た時から楽しみにしていました。

レゴシティアンダーカバーの世界について

レゴのゲームには、ハリーポッターやバットマン、レゴムービー、アベンジャーズなどの映画作品や人気キャラクターとコラボしているシリーズなど、多くのゲームタイトルが発売されています。

今回のこの「レゴ シティ アンダーカバー」は他の作品などとのコラボ作品ではなく、レゴブロック製品である「レゴシティ」の世界観として、オリジナルのキャラクター、ストーリーでゲーム内容が構成されています。

「レゴシティ」シリーズは、レゴ製品の中でも比較的古くからあるテーマで、警察署や消防署、電車や飛行機、バスやトラクターなどはたらくくるまや船やボート、レジャーなど、現代の街をモチーフになじみやすい建築物や乗り物などが登場するシリーズです。

大人の方も子供時代を懐かしんで思い出す方も多いのではないでしょうか。幅広い層になじみが深く、大人から子供まで、男の子や女の子でも楽しめるテーマであると思います。

なお、余談ですが「レゴシティ アンダーカバー」のゲーム内の主人公である「チェイス・マケイン」は、レゴ製品のキャラクター(人形/ミニフィグ)としても実際に登場したことがありました。

ゲームにはチェイスマケイン以外にも実際のレゴ製品の元ネタが大量にちりばめられていますので、気になった方は過去のレゴ製品を調べてみてはいかがでしょうか。

  • 型番:60138
  • ピース数:294

警察のパトカーとヘリコプターをモチーフとしたセットです。

ゲーム「レゴシティ アンダーカバー」の主人公にもなっている「チェイス・マケイン(チェース・マッケイン)」がミニフィグとして付属しています。

オープンワールドのゲームシステム

「レゴシティ アンダーカバー」ゲームのポイントとして、オープンワールドのゲームシステムが挙げられます。

オープンワールドは、ゲームで遊べる全体のマップが大きくつながっており、マップの移動やステージの切り替えなどがなく、縦横無尽に歩き回れることが大きな特徴となっています。

個人的に今回の「レゴシティ アンダーカバー」の最大の評価ポイントがこのオープンワールドのシステムでレゴの世界を再現したことではないかと思います。

本作では、主人公の警察官チェイス・マケインが脱獄犯レックス・フューリーを逮捕するために、レゴシティを舞台に潜入捜査や仕掛けを解いて事件を解決していくというメインストーリーが用意されています。

基本的には、このメインストーリーに沿ってゲームを進めていくことで、主人公が使える変装やスキルが増えていくので、メインストーリーをまずはクリアしてからオープンワールドで遊んだり、ストーリー部分の仕掛けのコンプリートに繰り返しチャレンジしていく進め方になると思います。

オープンワールドといっても、ゲームによっては歩き回れる範囲の違いや、ストーリーの進み具合になどにより行動の制限があるものが一般的で、このレゴシティアンダーカバーでもストーリーに応じて自由に訪れることができるエリアやミッションが増えていくような仕組みを取っています。

ただ、これまでのレゴのゲームは、ストーリーをチャプターごとに切り分けたステージを順番にクリアしていくステージ制が採用されたものがほとんどであったため、今回のオープンワールドのシステムは、これまでのゲーム体験とは大きく異なる驚きがありました。

変装によるキャラクタースキルの変化

メインストーリーが進行していく中で、主人公のチェイス・マケインは、捜査のための「変装」を行います。(チェイスは変装の達人らしい。)

この変装はボタンひとつで切り替えることができ、変装中のキャラクター(職業)によって使えるスキル(能力)が異なります。

たとえば、農場作業員に変装することで、ニワトリの卵を発射したり(武器のように使える)、ニワトリの足につかまってジャンプの飛距離を伸ばすことなどができます。

また、泥棒に変装して、カギのついた扉を無理やりこじ開けたりすることも。(あくまで潜入捜査です)

これらの能力を切り替えていくことで、普段の警察官の状態では潜入できない場所に潜入できるようになり、新しいエリアに進んだり、さらに新たなスキルを手に入れることができるようになっています。

レゴブロックでつくられた世界観

また、「レゴ」という世界観ももう一つのポイントで、建物や乗り物の一部などはプレイヤーキャラクターであるチェイスの攻撃などによって破壊することができ、派手にばらばらに砕け散ります。

実際のレゴブロックがぶつかるようなカチャカチャという効果音も心地よく、レゴブロックでできたいろいろなものを叩いて壊して画面上にブロックが散らばっていく様子は何とも言えない爽快感があります。

また、実際のレゴブロックが持つ作る楽しみもゲームでは大きなポイントとなっており、集めたパーツをアレンジしたり、画面上の仕掛けをブロックを入れ替えて作り替えたりとゲームの進行やコレクションの要素が実際のレゴの楽しみともしっかりリンクした作りになっています。

レゴシティアンダーカバーは誰にオススメ?

レゴシティアンダーカバーは大人でも子供でも楽しく遊べるような工夫がいくつもあります。

これからレゴシティアンダーカバーの購入を検討している方に向けて、ゲーム内容や難易度について少しまとめてみました。

ゲーム内容はお子さま向け?大人向け?

レゴシティアンダーカバーはお子様が十分楽しめるようなゲーム内容になっていますが、大人の方が遊んでも十分歯ごたえのあるゲームになっています。(一部表現、対象年齢について後述あり)

ゲームの全容についてですが、ゲームに詳しい方であれば「グランド・セフト・オート(GTA)」シリーズに例えるとわかりやすいかもしれません。

街を自由に動き回り、クルマなどの乗り物を自由に乗り回して、街中で武器をぶっ放して暴れまわることができる点はGTAシリーズに似ています。

ただ、GTAの主人公が犯罪者であることに対して、レゴシティアンダーカバーの主人公であるチェイスマケインは警察官。

盗むのではなく、警察官の権限としてあらゆる乗り物を接収し(警察手帳を出して走っている車を無理やり止めることもできる)、不法侵入ではなく捜査活動としていろいろな場所に立ち入り、暴力ではなく様々な捜査アイテムを使って悪人に立ち向かうことで、レゴシティの中で好き放題の行動が許されています。

ゲームシステム、操作性のほか、爽快感、楽しみ方はこの「GTA」に近いといえます。

ただ、ストーリー構成やアクション表現などはしっかりとレゴの世界観に合わせられています。もちろんですが直接的な残酷表現などは一切ありません。

犯罪的行為の表現などが抑えられている一方で、ゲーム内での過激なアクションなどは前述のブロック破壊などのハチャメチャ行為に置き換えられており、ゲームとしての爽快感も非常によいバランスで十分に保たれています。

ゲームシステムとして評価の高いGTAシリーズを、お子様でも一緒にワイワイ遊べるゲームに構築されたのがこのレゴシティアンダーカバーといえるかもしれません。

男の子も女の子も含めお子様が安心して遊べる内容になっています。

ニンテンドースイッチ版にはレーティングマークとしてCERO Bの「12歳以上対象」の年齢区分が設定されていますのでご注意ください。

警察と脱獄犯を題材としたストーリーの構成上、一部にどうしても脱獄、破壊などの犯罪、暴力的表現などはありますが、実際にプレイしてみたところ、これらの表現についてはレゴブロックの世界観としてかなりマイルドにアレンジされていますので、対象年齢以上であれば安心して遊べる内容かと思われます。

ゲームの難易度は?ゲームが苦手でも楽しめる?

全般的に、レゴシティアンダーカバーは操作が進めやすいような親切設計がちりばめられていて、お子さまやゲームが不慣れなかたでも比較的なじみやすく遊べるようになっています。

例えば、ストーリーを進める時に行くべき場所があると、その場所までの道順が点線で示されたり、持っているアイテムを使う場所や方向などを矢印で教えてくれるので、ゲームがあまり得意ではないユーザーでも難易度が低いのでストーリーを進めやすくなっていました。

ただ、こういった新設設計はメインストーリーの進行サポートが中心になっていて、オープンワールドを採用した今作ではメインストーリー以外にも大量のサブミッション、コレクションなどのやりこみ要素があります。

ミッションの中ではアクション難易度が比較的高いものもあり、ゲームが得意なプレイヤーや大人の方でも苦戦することも多いのではないかと思います。

これらの要素はゲームを極めたい方に用意されたものでもあるので、ゲームが苦手な方はメインストーリーを中心に進めるだけでも手ごたえがあるうえ、十分なボリュームになると思います。

お子様に限らずゲーム好きの大人のプレーヤーでもゲーム内のやりこみ要素のコンプリートは至難の業でしょう。

プレイ時間はどれくらい?やりこみ要素で長く遊べる?

プレイ時間について、ゲームの進め方やプレイヤーのスキルにもよるのですが、私が実際にやってみた結果としてはメインストーリーのクリアまでに25時間くらいでした。

ゲームがそこまで得意ではないので、多少の回り道ややり直しなどの時間を含めてこれぐらいの時間です。

メインストーリーを中心に寄り道を少な目で進めていくとおよそクリアまでに20時間から30時間ほどのプレイ時間になるのではないかと思います。

またこの段階で、全体のやりこみ要素の進行割合は20%から30%ほどでした。(コレクションアイテムなどが複数あるので、その収集率の平均からざっくり算出)

収集済みの要素と比較してもまだまだ3倍以上のやりこみ要素が残されているようなので、やりこみを含めるともっとプレイ時間は長くなるのではないかと思います。

クリア後の感想など

さて、メインストーリーをクリアした感想としては、非常に楽しくレゴブロック好きにも嬉しいゲームでした。

操作性はよく、キャラクターをスムーズに動かすことができ、ほぼ迷うこともありません。

レゴブロックをどんどん壊してストレス発散?!もできますし、壊したブロックを集めてブロックからアイテムなどをビルドするという動き(自動の組み立て)も用意されていて、レゴブロックの特徴をよく生かしたゲームになっています。

また、警察官であるプレイヤーのチェイスマケインが、さまざまな変装でのスキルを生かして街中にある仕掛けを解いたり、車やバイク、バス、飛行機、電車などの様々な乗り物に乗って運転するのも映画のような展開で楽しいです。

映画ファン、レゴファンもニヤリとする演出

レゴシティの街はアメリカの都市など一部実在の場所などをモデルとした地形、街並みになっているところがあります。

自由の女神のようなランドマークや都市から郊外、山林や海などバラエティ豊かな景色を楽しむことができます。

また、レゴシティの街中にある乗り物や建物の一部は実際にレゴ製品として発売されたセットがモデルとなっているものがあります。

レゴファン向けの情報になりますが、レゴシティの製品だけでなく、レゴクリエイターエキスパートのモジュラービルディングシリーズの建物や、ミニフィグコレクションシリーズのキャラクターなども登場しますよ。

レゴ好きの方はこれらの建物や乗り物を見つけると同時に、乗り物などは実際に乗り回せることも楽しみのひとつです。

そして、ストーリーではレゴ要素以外にも、有名アクション映画へのオマージュだと思われるキャラクターや場面演出、音楽があります。

どこかで見たことある名探偵や某恐竜映画、超大作アクション映画、博物館を舞台としたハチャメチャ映画、ほかにもカルチャーネタや時事ネタっぽいものなど、小ネタが満載でした。

中にはいかにも何かのパロディのようなのに元ネタがわからないものも多くあったので、レゴ好き、映画好き、ゲーム好きな方やポップカルチャーなどに詳しい方は何倍も楽しみが広がるのではないかと思います。

この辺りは子供だけでなく大人の方のツボを狙った演出でもあるので、幅広い年代でこのゲームを楽しむことができる要素のひとつになっています。

マルチプレイ機能について

新しく加わったマルチプレイ機能(ローカル/オフラインのみ)も試してみました。

1人がプレイ中にもう1つコントローラーを用意してプレイに加わると、画面が2分割され、プレイヤーキャラクターのチェイス・マケインが2人いる状態でゲームをプレイすることができます。

この状態ではそれぞれマップを自由に動き回って敵を倒したり、仕掛けを解いたりストーリーをどんどん進めることができるので、お子さまと親で一緒に遊んだり友達同士であそんだり、ゲームが苦手の人の手助けや、2人でワイワイとストーリーを勧めることができます、

ただ、2人用として画面が2分割されてしまうので、当然ながらちょっとだけ画面が見にくくなってしまうのが難点です。

そして、コントローラーが2つ必要になります。今回は、別売りのNintendo Switch Pro コントローラーでマルチプレイを試しました。

その他全般的な感想ですが、ちょっと面倒だと思った面としては、主人公の変装の種類が多いので、切り替え操作が何回も必要なこと。

ゲームの特徴のひとつでもあり、この選択がパズル要素のひとつにもなっているので仕方ないのですが、わかっているのに操作が追い付かない、という時があってちょっと気になったことがありました。

また、カメラ操作にちょっと癖があり、思ったところに画面が動かせなかったり、勝手にカメラの角度が動いてしまったりなどで、アクション操作が思い通りにいかないこともありました。

今回はダウンロード版を購入しましたが、ゲーム開始時やシナリオ進行時のロード時間は比較的長めの印象でした。ただ、街中を探索している間にゲーム操作が中断されるようなロードはほとんどありません。

総合的に、メインストーリーは正義が悪者を倒すシンプルなストーリーでお子様でも安心して遊べる内容になっていながらも、大人もニヤリとさせる要素が満載で幅広く親しみやすいゲームになっています。

また、かわいいレゴのキャラクターや乗り物を軽快に操作できる上に、アクション性も適度な手ごたえのある難易度となっています。

ただ、アクションについてはどうしても似たパターンで繰り返し進めていかなければいけないシーンも多いため、多少単調に感じてしまいがちな点が難点ですが、これはゲーム全体のボリュームが大きい関係もあるのでやむを得ないところかと思います。

逆に、やりこみクエストのポイントがマップのいたるところにあり、どこに行っても途切れなく次々とクエストが続くのは驚きです。

個人的にはプレイヤーを飽きさせないための十分なバランスがとれていると感じました。

そして、やりこみ要素もありますので、レゴファンもゲームファンともにのめりこんで楽しめるようなレゴゲームだと思いましたよ。ゲーム情報メディアなどでのレビュー評価が高いのも納得のオススメできるゲームです。

レゴブロックの自由度を生かし、レゴブロックで表現されたレゴシティの街を舞台として、気軽に遊ぶことができる明るく楽しいゲームです!

関連情報

レゴニワがプレイしたのは、下記の「Nintendo Switch ダウンロード版 レゴシティ アンダーカバー」です。

レゴシティ アンダーカバーは今回のNintendo Switch版のほか、PlayStation 4、Xbox One、Wii U版などがラインナップされていますよ。

コメント