> 本日のAmazonレゴセール・クーポン情報 <
スポンサーリンク

レゴブロックが付けられるテープの「ブロッテ」レビュー

レゴ(LEGO)ブロックと互換性があるブロックテープ「ブロッテ」を買ってきたのでレビューをしますよ。

ブロッテについて

ブロッテとは、タカラトミーアーツ社が販売するテープタイプのおもちゃで、柔らかい樹脂素材でできたテープのオモテ面にレゴブロックと同じポッチがついた形をしています。

テープはハサミなどで長さに切ることができ、また裏面には両面テープが張り付けられているので、好きな形に切って貼ってレゴブロックをつけて飾ることができます。

以前、ブロックが付けられるテープのアイデアについて、2017年にINDIEGOGOという海外クラウドファンディングサービスの「Nimuno Loops」というプロジェクトでも話題になりました。

その後、日本でもいくつかのメーカーからブロックテープが販売されているのがTVほかメディアでも取り上げられていました(前記事)。

今回レビューする「ブロッテ」は大手玩具メーカーのタカラトミーアーツ社から2017年11月に発売された製品となります。

先日、トイザらス店舗に行った際にレゴ売り場の近くに置かれていたのを発見し、購入しました!

ブロッテを写真で解説

パッケージ:おもて

パッケージ:うら

ブロッテ

販売元:株式会社タカラトミーアーツ
対応ブロック:LEGOブロック / ダイヤブロック /MEGAブロック(推奨はLEGOブロック、MEGAブロック)
対象年齢:6歳以上

好きな形に切って貼ってレゴブロックなどを付けられるシリコーンゴム製のテープです。

テープの色や長さ、幅には複数のバリエーションがあります。

まず、幅については2ポッチ幅の「Sサイズ」と4ポッチ幅の「Lサイズ」があります。

長さはSサイズには1メートルもしくは2メートル、Lサイズは2メートルのみとなっています。

色は各幅、長さごとにレッド、ダークブルー、ダークグリーン、グレー、サンド、ライトブルーの6色がラインナップされています。

レゴニワが今回購入したのは「MAYKA ブロッテ Sサイズ グレー 1M」ですよ。Sサイズは幅2ポッチで、長さは1メートルのものです。

フタを開けたところです。

テープは、シリコーンゴム製で柔らかく、多少の曲面にも貼ることができそうです。

ただ、曲面に貼った部分はポッチの形が多少歪んでしまうので、曲面にブロックを取り付けるのは難しいかもしれません。

また、テープには1ポッチごとに溝が入っているので、ハサミなどで切るときにガイドとなり、切り取りやすくなっています。

ブロックを取り付けてみる

早速レゴブロックやパーツ、ミニフィグを置いてみます。

テープを上向きに貼ると、普通のブロック板の土台のようにレゴを置くことができます。

両面テープで固定できるので、飾り棚などにレゴを飾るときなどでセットを動かないように土台を固定したい場合などに、このような形で利用してもよさそうです。

シリコーン素材なのでブロックを取り外しやすくて使いやすく、揺らしても取れない程度のホールド力があります。

ただ、ミニフィグなど、重心が高めのパーツなどについては根元の固定が緩めになってしまうため、揺れやちょっとした力で取れてしまう場合があるので注意が必要かもしれません。

裏面

裏面の両面テープの状態です。

薄いシートを剥がして好きなところに貼りつけることができますよ。

粘着部分は薄いテープではなく、少し厚みのある透明ゴムのような素材になっていて柔らかさもあるため、木目や壁紙など、多少の凹凸のある面などにもしっかり張り付きそうです。

テープをハサミで切って、液晶モニターの縁に貼ってみた所です。ちょっとだけ曲面になっていますが、しっかりと固定できていますよ。

いくつかブロックやミニフィグを取り付けてみます。

ミニフィグはこんな感じで足の後ろにとり付けると、テープに固定しやすいですね。

細かく切ってフォトフレームなどの裏板などに貼っていけば、ミニフィグコレクションのディスプレイなどに使うこともできそうですね。

使い場所を選びそうですが、決まった場所にレゴブロックを動かないように飾りたい場合や、壁面などに小さなパーツやセット、ミニフィグを取り付けて飾りたい場合など、アイデア次第で楽しく使えそうなアイテムです。

コメント