スポンサーリンク

レゴクラシック解説:対象年齢やデュプロとの違い、お子様への選び方のポイントなど

レゴクラシックとは?

  • レゴクラシックは、自由な想像力で組み立てることを想定して作られた、様々な色合いのブロックやパーツが入っているレゴ(LEGO)ブロックの基本となるシリーズです。
  • ブロックやパーツがセットになったもの以外に、基礎板がレゴクラシックシリーズに属しています。
  • カラフルなレゴブロックが揃うクラシック シリーズは、自由な発想力で作るのにぴったりなセットです!

レゴクラシックは何歳から?対象年齢や区分について

レゴ(LEGO)ブロックにはいろいろな種類がありますが、いつから、何歳から遊ぶのが適切なのか、対象年齢の違いや商品の内容の違いなどで悩んでしまうことがあるかもしれません。

ここではレゴクラシックほかレゴ製品の対象年齢や区分についてご説明したいと思います。

レゴクラシックシリーズの対象年齢は?

レゴクラシックは、対象年齢4才以上*の全ての方向けのレゴ(LEGO)ブロック製品シリーズです。(*一部例外製品あり)

レゴ社の製品カタログでは製品の対象年齢について「7+」や「9-14」のように、「〇才以上」や「〇才から〇才まで」という表記がされています。

通常この対象年齢は「5-12」のように未成年のお子様の年齢が範囲として記載されているのですが、このレゴクラシックシリーズの対象年齢については「年齢:4-99」と表記されていて、この製品の対象年齢が4歳以上であることだけでなく、大人も含めて「99才まで」という内容が含まれています。

これはもちろん100才以上は遊べないという意味ではなく、子供から大人までが広く楽しむことができるという意味を含めて記載されているのだと思います。

またこれには「大人がひとりで遊ぶ」という意味だけではなく、親子、おじいちゃんやおばあちゃんを含めたご家族が子供たちと一緒に遊ぶシーンや、教育や研究現場などでの題材として使われるシーンなど、あらゆるところでこのレゴブロックが遊びや創造性のヒントになることが、このレゴ製品に対する思いとして込められているようにも読み取ることができます。

レゴデュプロとの違いについて

なお、より低い対象年齢のシリーズとして、1歳半(18か月)からを対象年齢とした「レゴデュプロ」シリーズがあります。

レゴデュプロ(LEGO DUPLO)は通常のレゴブロックよりも大きく、軽い力でもくみ上げることができるブロックで構成されていて、小さなお子様でも遊びやすい製品です。詳細については下記をご覧ください。

レゴクラシック製品には小さいパーツが含まれていますので、小さいお子様が口に入れたりしてしまわないよう、4歳未満のお子様はレゴデュプロで遊んでいただくことをお勧めします。

4歳からのレゴセット「4+」「レゴジュニア」について

「レゴシティ」や「レゴフレンズ」「レゴニンジャゴー」などのような特定の題材をテーマとしたレゴブロック製品には、4歳からのジュニア向けのセットとして「4+」という製品区分があります。

この「4+」の製品については以下のページで解説していますので、4歳からのお子さまに向けて、レゴクラシック以外のレゴ製品をお探しの場合は、リンク先もあわせてぜひチェックしてみてください。

また、2018年までの製品では4歳からを対象年齢とした「レゴジュニア」という製品シリーズがありました。2018年以前のレゴジュニアシリーズについては以下をご覧ください。

レゴクラシックシリーズの区分

レゴ クラシックシリーズは「アイデアボックス」や「アイデアパーツ」など、特定のモチーフを定めず好きなブロックを組み合わせて自由な想像力で組み立てるセットとしてラインナップされています。

製品は「レゴシティ」や「レゴフレンズ」「ニンジャゴー」などのような特定の題材はなく、いろいろな色、いろいろな形をしたブロックの詰め合わせのようになっていて、お手本などを使用せずに自由に組み立てて遊ぶことができます。

ちなみに、説明書などが全くないわけではなく、セットに含まれるブロックを使った組み立てのガイドが付属しているものもあるので、お手本通りに組み立てて楽しみながら想像力を広げていくこともできます。

製品のパッケージは主に黄色を基調にデザインされていて、「黄色のアイディアボックス」などの名称となっているものが多いです。

また、「基礎板」と呼ばれる土台になる板もこのレゴクラシックシリーズとしてラインナップされています。

シリーズの変遷について

2014年頃まではレゴ基本セット「赤いバケツ」「青いバケツ」または女の子向けの「ピンクのコンテナ」などが基本セットとしてあったのですが、それ以降はこれらの基本なセット4歳以上の全ての方向けのレゴ クラシックシリーズと、4歳〜7歳向けのレゴ ジュニアシリーズとに分かれた形になります。

その後、2019年にレゴジュニアシリーズは「4+」という製品区分に変更されました。

「4+」(レゴジュニア)シリーズは、主に小さなお子様がひとりでも組み立てやすいブロックで構成された製品になっています。

お子様の自立心向上のために自分自身で組み立て方法を学びながら成長することをテーマとしたものが「4+」(レゴジュニア)シリーズで、お子様自身の創造力からさらに親子や世代を超えたコミュニケーションを生み出し、ひとりだけでなくみんなでも楽しむことをテーマにしたものがこのレゴ クラシック シリーズとして位置づけられているのではないかと思います。

カラフルなブロックが揃うクラシックシリーズは、自由な発想力で作るのにぴったりな基本セットです!

レゴクラシック以外の基本セットについて

レゴクラシックは、細かいテーマを持たずに一般的なレゴブロックで構成されたブロックの詰め合わせセットになっていますが、男の子向けや女の子向け、シリーズのファン向けに、レゴの各シリーズからも組み替え可能な基本セットが発売されています。

男の子向けのレゴ基本セット

主に男の子向けの製品として、レゴシティから、自由に組み立てることができる基本セットがラインナップされています。

レゴシティポリススターターボックスは、レゴシティで定番となっているモチーフである警察署、パトカー、レッカー車などを組み立てることができるブロックに加えて、ポリス、泥棒、警察犬などのミニフィギュア(人形)も含まれていていろいろなモチーフに組み替えて遊ぶことができます。

また、こちらのスターターボックス製品は箱がプラスチック製のレゴブロック風のボックスになっていて、ブロックをお片付けする収納箱としても使うことができるため、収納を一緒に探している場合は便利です。

女の子向けのレゴ基本セット

主に女の子向けの製品として、レゴフレンズから自由に組み立てることができる基本セットがラインナップされています。

  • 型番:41431
  • ピース数:321

レゴフレンズをテーマにした収納できるボックス入りのレゴフレンズのスターターセットです。「ミア」「オリビア」のミニドールフィギュア2体や、馬など動物たちのパーツも付属しています。

マインクラフト、レゴムービーなどのコラボ製品のレゴ基本セット

レゴマインクラフトシリーズには、レゴクラシックのようなブロック詰め合わせの基本セットとして「クラフトボックス」があります。

また、映画「レゴムービー2」の公開に合わせて、レゴクラシックの基本セットに加えてレゴムービーの登場キャラクターなどが含まれた「ビルダーボックス」という基本セットが発売されました。

これらのように、基本セットはシンプルなブロックの詰め合わせだけでなく、キャラクターやテーマとのコラボ製品などもラインナップされていますので、お子さまの好みなどにより選んでいただくのが良いと思います。

  • 型番:21161
  • ピース数:564

マインクラフトの世界をモチーフに、自由にクラフトを楽しむことができるレゴブロックのセットです。

海辺や草原の地形を中心に、家や砦のクラフトなどができるいろいろなブロックが含まれています。

3歳以下のお子様向けのレゴブロックについて

レゴブロックは主に4歳以上のお子様を対象として作られています。

1歳半から3歳以下のお子様向けの製品にはレゴデュプロがあります。

レゴデュプロはレゴブロックよりも大きなブロックで組み立てやすく、小さなお子様に向けて安全安心の作りになっているので、対象年齢をご確認して選んでください。

レゴデュプロにもレゴクラシックと同じく基本のセットがあります。

レゴの土台(基礎板)について

レゴブロックには、基礎板と呼ばれる製品があります。

レゴの基礎板は、薄い板の形をしており、表面にはレゴブロックと同じくポッチが並んでいます。

FAQ:

基礎板の表面にブロックを取り付けることで、組み立てるレゴブロックの土台として使うことができます。

レゴの土台(基礎板)を使うメリット

このレゴの基礎板ですが、お子さまなどがレゴブロックを組み立てる際にいくつかのメリットがあります。

まず、レゴブロック製品をいくつかお持ちであれば、この基礎板と組み合わせることで組み立てたセットを単純に土台して飾ることができます。

建物などのレゴブロックセットの中には、小さな土台がついているものもありますが、いくつかは独立していたり、倒れやすかったりするものもあるので、これらのセットと基礎板を組み合わせることで、安定して組み上げたセットを固定できます。

また、お子さまがレゴブロックを組み立てる際のメリットとしてもう一点、組み立てのしやすさが挙げられます。

レゴブロックが初めての4才前後のお子様がレゴブロックを組み立てる際、小さいパーツ同士の組み立ては少し難しいことがあるかもしれません。

大きめのブロックを土台に押し込む、という動作は、小さいパーツ同士を組み合わせる動作よりも比較的簡単に行えるため、建物などを作る場合などはブロックがあちこちに転がってしまうことなく、安定してブロックを積み上げていくことができます。

お子さまがひとりで自由にレゴブロックで遊ぶとき、組み立てやすさ、遊びやすさなどの面からみても、このレゴの基礎板があると遊びの幅が広がります。

創作レゴ「MOC」について

余談ですが、レゴの用語で「MOC」(モック)という言葉があります。

MOCとは「My Own Creation」の頭文字をとった略称で、日本語では「自分自身の創作物」、つまり自分が創作したレゴ作品を表しています。

MOCはもちろん説明書に沿って作られたものではなく、自分自身のイメージをもとに手元にあるレゴブロックを使って創作されたものです。

これにはものを作るための想像だけでなく、レゴブロックでイメージをどう表現して伝えるかというデザインの力や、足りないブロックを埋め合わせて表現するための組み合わせの取捨選択や発想力なども必要になります。

レゴ製品には特定のテーマやセットにしか含まれていないパーツがたくさんありますので、MOCで足りないブロックはそれご含まれているセットを探して買いそろえる、という方法もあります。

「レゴシティ」や「レゴニンジャゴー」など特定のテーマを扱ったレゴ製品でももちろんブロックを組み替えて遊ぶことができますが、いろいろなパーツが含まれている一方で、逆によく知られている8ポッチや4ポッチなどの基本的なブロックが少なくて組み替えて遊ぶことが難しい、ということもあります。

基本的なブロックをそろえることができるレゴクラシックシリーズは、自由な表現力で組み立てを楽しむことができるレゴの原点であり、このMOCの原点となるシリーズといえると思います。

次のページでは、具体的なレゴクラシックの製品についてご紹介します。

コメント