Amazonのレゴセール情報・クーポン情報を随時更新中!  
スポンサーリンク

レゴ クリエイター エキスパート 本屋さん 10270(Bookshop)が登場!海外で2020年1月新発売

スポンサーリンク

レゴ クリエイター エキスパート シリーズから、モジュール系建物セット(レゴ モジュラー ビルディング シリーズ)の新作「レゴ クリエイター エキスパート 10270 本屋さん」(LEGO Creator Expert 10270 Bookshop)が登場しました!

今回のセットは、古風な趣のある村や町(街)にあるような裏通りの本屋(書店)さんが入った3階建ての建物と、隣接するタウンハウスの建物との2棟が含まれています。街の本屋さんが入っている建物が含まれるためセット名が「Bookshop(ブックショップ)」となっていますね。

出典元:LEGO SHOP(US) – Bookshop

本セットは少し明るめの茶色やエメラルドグリーン配色の壁などが使われていますので、2018年、2019年に発売された1950年代スタイルのモジュラービルディングと一緒に並べて違和感のない建物になっていると思います。

海外の公式LEGO SHOPでの一般発売日は2020年1月1日です。
ただし、日本発売時期についてはまだ発表されていません。1つ前のモジュール系建物セットは2〜3週間後に日本の一部レゴブランドストアで発売されましたよ。今回も少し遅れての発売になる可能性がありますが、2019年頃から海外と同日に発売されることが多くなってきましたので2020年1月1日からの発売も期待したいところですね。

【追記】 レゴストア店舗で2020/1/1〜販売が開始されることが告知されました!また、レゴストア公式オンラインショップ「ベネリック レゴストア楽天市場店」でも2020/1/1 10時〜発売されることを確認しました。

日本でのセット名が「レゴ クリエイター エキスパート 本屋さん」となることを確認しました。ブックショップから本屋さんに記載を一部変更しました。

レゴ クリエイター エキスパート 10270 本屋さん(LEGO Creator Expert 10270 Bookshop)

出典元:LEGO SHOP(US) – Bookshop

レゴ クリエイター エキスパート 10270 本屋さん
(LEGO Creator Expert 10270 Bookshop)

型番:10270 ピース数:2,504
対象年齢:16歳以上

本屋さん 10270は、古風な趣のある村や町にあるような裏通りの街の本屋(書店)さんの店舗を備えた3階建ての建物と、隣接するタウンハウス風の建物との2棟をモデルとして精巧に表現されたレゴクリエイターエキスパートシリーズのモジュール系建物セットです。

本セットの嬉しい特徴として、2つの建物がそれぞれ1つの建物として分割したり、連結したりすることが自由にできるモジュール式建物になっています。1セット内に複数の建物が含まれていても、分割できない作りであることが多いのでこれは嬉しい仕様だと思います!

ミニフィグは、男性が2人と女性が2人、そして男の子1人などの5体が含まれています。加えて、カメレオンや青い小鳥のフィギュアも付属しているようです。

スポンサーリンク

本セットは2,504ピースの大型のセットになっています。通常モジュール系建物ラインは約2,500ピース程のボリュームのセットが多いので標準的なピース数ですね。
セットのサイズは高さ29cm、幅25cm、奥行き25cmと大きなセットですので飾る場所を選びそうです。

外観の特徴として、本屋さん側の建物は、古風な趣のある裏通りにあるような落ち着いた雰囲気のお店で「BIRCH BOOKS」と書かれた看板や店先に置かれた本、円形のアーチ状の大きな窓、アーチ状のオシャレな屋根の装飾などが印象的な建物です。そして、住居になっているタウンハウス側の建物は、エメラルドグリーンの明るめの色の壁、階段がある玄関の出入り口、建物の形が丸みのあるアーチ状に一部設計されている素敵な建物です。

各建物内は、各階でちゃんと内装が異なっており、本屋さん(書店)、住居部分、地下室など1つ1つが綿密に作り込まれています。各階層ごとに独立して取り出すことができる仕様ですので、完成後も内装を調整したりごっこ遊びが簡単にできるのは素晴らしいですね。

出典元:LEGO SHOP(US) – Bookshop

1階層部分です。

左側の建物は本屋さんです。「BIRCH BOOKS」と書かれた看板、大きなショーウィンドウには本が飾られていて、店先には本が置かれています。そして、お店の前には季節感のある背の高い街路樹があります。葉っぱが色づいたり落ちていたりと秋のような雰囲気が表現されていますね。店内には、カウンターや本棚、裏口ドアも用意されています。

右側のタウンハウスの建物は階段を上がって玄関がある設計になっていて、地下室があることが分かります。建物の形が丸みのあるアーチ状に一部設計されている素敵な建物です。建物の裏側にはカボチャなどの家庭菜園もあることが分かります。

出典元:LEGO SHOP(US) – Bookshop

2階層部分は、本屋さんの建物は読書スペースがあり、大きな置き時計やソファがある落ち着いた内装、外に出ることができるバルコニーがあります。

右側の建物では、リビングスペースになっていて、お茶をしたり新聞をゆったりと読んだりできるテーブルスペースや暖炉などがある素敵な内装になっています。

出典元:LEGO SHOP(US) – Bookshop

3階層部分は、いずれの建物でもベッドがある寝室部分になっています。そして、屋根部分も含まれてる階層なのですが、上側(天井部分)には開けない代わりに?真ん中でパカっと蓋を開けるように開くことができるユニークな仕組みになっています。

本屋さんの建物の3階は寝室スペースになっています。ベッドサイドには、かわいいペットのカメレオンが透明ケースに入っていますよ。

右側の建物でも、寝室スペースになっています。ベッドの他にテーブルライトやお花の植木鉢、タンスなどがあります。そして、バルコニーや屋根の窓などこだわりを感じる落ち着いた内装になっています。

レゴ社公式のデザイナー動画が公開されていますよ。動画を見るとさらに細部へのこだわりや仕組みがわかるのでよりセットが魅力的に見えます。

LEGO Creator Expert Bookshop 10270 | Exclusive Designer Interview

LEGO Creator Expert Bookshop 10270 | Exclusive Designer Interview

本屋さんとタウンハウスの2棟の建物と内装が精巧に表現されている魅力的なセットです!

本屋さんと隣接するタウンハウスの建物は、それぞれテーマごとのデザインはしっかりとされていますので、様々な部屋の雰囲気が楽しめるようになっています。そして、それぞれの建物ごとに、分割・連結ができるモジュール式建物であることも個人的には特に良いと思いました。

レゴ クリエイター シリーズの中でもエキスパートモデルのモジュール系建物セット(モジュラービルディング)ですので、レゴストアやレゴランド等の一部レゴブランドストア限定での取り扱いになると思われるセットです。

日本での発売予定や予約開始などが分かり次第またお知らせ予定ですよ。

【追記】 レゴストア店舗で2020/1/1〜販売が開始されることが告知されました!また、レゴストア公式オンラインショップ「ベネリック レゴストア楽天市場店」でも2020/1/1 10時〜発売されることを確認しました。

オススメの記事

歴代モジュール系建物セットの一覧は、こちらの記事へ。

レゴクリエイター エキスパート歴代モジュール系 建物セット一覧(2020年最新版)
レゴニワ(LEGO情報ブログ)- 2020年最新版。レゴクリエイターエキスパートの歴代モジュール建物セットのまとめです。毎年新作が発売されるレゴ(LEGO)のモジュール系建物製品(モジュラービルディングシリーズ)の構成や特長など。2007年から最新の2020年まで年代ごとのセットを紹介しています。

コメント

スポンサーリンク