スポンサーリンク

レゴ マインクラフトとは? 人気レゴ製品シリーズのはじまりと今

スポンサーリンク

レゴ マインクラフト(LEGO Minecraft)とは?

  • レゴマインクラフトは、人気ゲーム「マインクラフト」の世界をレゴで表現したレゴブロックシリーズです。
  • レゴマインクラフトが生まれたきっかけは、「LEGO CUUSOO」というアイデアを製品化するサービスで人気を集めたため。はじめは小さなキットが製品化されました。
  • その後、人気により「レゴ マインクラフト」としてシリーズ化し、たくさんのキットが発売されています。

レゴ マインクラフトとは、「マインクラフト(Minecraft)」という箱庭ゲームの世界をレゴ(LEGO)で表現したレゴブロックシリーズです。

レゴマインクラフトのはじまり

レゴ(LEGO)とマインクラフト(Minecraft)のコラボは、2011年の「LEGO CUUSOO(レゴ クーソー)」(現在はレゴ アイデア)というレゴの新製品化サービスが始まりです。

LEGO CUUSOOは、ユーザーが自由にレゴモデルのアイデアを提案し、人気投票で10,000名の支持を獲得したアイデアをレゴ社が実際に検討して商品化するというサービスです。

レゴマインクラフトは、このLEGO CUUSOOのアイデア提案によって製品化されたアイデアのひとつでした。

日本で1,000票の支持から、全世界へ

LEGO CUUSOOは開始当初、日本国内のみで実施されていたサービスでした。

その当時はユーザーから募ったオリジナルのレゴセットの提案から投票を行い、日本国内のユーザーから「1,000名」の支持を獲得したレゴセットの新製品化が検討されていました。

そして、この1,000名の支持を得たレゴセットが、日本の潜水艦である「しんかい6500」と小惑星探査機「はやぶさ」の2つです。

これらは実際にレゴブロックの新製品として商品化され、販売されました。

そしてこの後、LEGO CUUSOOサービスは「LEGO CUUSOO International β Version」として、全世界を対象にサービスを拡大していきます。

LEGO CUUSOOはCUUSOO SYSTEM社という日本企業によって運営されていましたが、その後、LEGO CUUSOOは「レゴアイデア(LEGO IDEAS)」 となり、レゴ社の公式サービスとして運営が行われています

Mojan社からの提案と、最速の全世界10,000票達成

レゴマインクラフトがLEGO CUUSOO Internationalに登場したのは2011年。

一般ユーザーが自由にレゴのモデルを作って投稿、提案することができるLEGO CUUSOOサービスで、レゴマインクラフトの提案を行ったのは、マインクラフトの開発元であるMojang社自身でした。

lego-minecraft-cuusoo-01
出典:http://lego.cuusoo.com/(現在は閉鎖)

当時、マインクラフトのレゴ製品化のアイデア自体は他のユーザーからも挙げられていましたが、Mojang社はその提案者なども招待する形で一つのプロジェクトをつくり、またレゴ社と正式にライセンス契約を行いたい意思表明とともにLEGO CUUSOOでの提案を行いました。

そして、その提案である「LEGO Minecraft(レゴマインクラフト)」は、LEGO CUUSOO Internationalでの製品化検討が必要な10,000票の支持を集め、レゴ社の検討へと進みます。

当時のレゴ社からの公式コメントによると、これまでの製品化検討に至る1,000票の獲得には「しんかい6500」は420日、「はやぶさ」は57日かかっていたとされています。

そして「LEGO Minecraft」が10,000票の支持を世界中から集めるためにかかった時間は、なんと48時間。

lego-minecraft-cuusoo-02
出典:http://lego.cuusoo.com/(現在は閉鎖)

あまりの人気だったのか「何度かサーバーが落ちた」とレゴ社のPaal Smith-Meyer氏(当時)も映画「Beyond the Brick: A LEGO Brickumentary」内で発言しています。

レゴ社が製品検討のフェーズに進んだことを宣言するコメントは、提案が公開された2011年12月5日の2日後。12月7日のことでした。

そして「LEGO Minecraft」は、LEGO CUUSOOの3番目、LEGO CUUSOO Internationalサービスでは世界初のレゴ製品として販売が開始されます。

レゴマインクラフトのシリーズ化

レゴマインクラフトがレゴブロックとして製品化されたの最初の製品が「レゴ 21102 クーソー マインクラフト マイクロワールド(LEGO 21102 Minecraft Micro World)」セットです。

レゴマインクラフト 21102 の初登場

当時のレゴマインクラフトは、マインクラフト世界のひとつのブロックが1ポッチのレゴブロックとして表現するサイズで作られていて、地下の空間も含めた地形のかたまりをレゴテクニックの十字軸のパーツでつなぎ合わせるような構造になっていました。

スティーブとクリーパーもミニフィグ(レゴの人形)のサイズではなく、小さな1ポッチ幅のかわいいデザインになっています。(マイクロモブ・フィギュアと呼ぶようです)

lego-minecraft-cuusoo-13
出典:http://www.jinx.com/legominecraft
lego-minecraft-cuusoo-11
出典:http://www.jinx.com/legominecraft

このサイズ、デザインのレゴマインクラフトは、その後いくつかのセットがラインナップされています。

  • LEGO 21102 Minecraft Micro World(レゴ 21102 マインクラフト マイクロワールド)
    • 通常世界(オーバーワールド)が舞台
    • スティーブ、クリーパーのマスコット(マイクロモブ・フィギュア)が付属
  • LEGO 21105 Minecraft The Village(レゴ 21105 マインクラフト 村)
    • NPC村が舞台
    • 村人、ブタ、ゾンビのマスコット(マイクロモブ・フィギュア)が付属
  • LEGO 21106 Minecraft The Nether(レゴ 21106 マインクラフト ネザー)
    • ネザーが舞台
    • ガストとゾンビピッグマンのマスコット(マイクロモブ・フィギュア)が付属
  • LEGO 21107 Minecraft The End 21107(レゴ 21107 マインクラフト ジ・エンド)
    • ジ・エンドが舞台
    • エンダーマンとエンダードラゴンのマスコットが付属

これらのレゴセットはその後のレゴマインクラフトシリーズとはサイズが違うため、一緒にして遊ぶことは難しいと思いますが、コンパクトにマインクラフトの世界が再現されていてインテリアとしてもとても魅力的なデザインになっています。

レゴマインクラフトのシリーズ化

その後、人気により定番シリーズ化され、ミニフィグや専用ブロックなどが追加された「レゴ マインクラフト シリーズ」が誕生しました!

このレゴマインクラフトシリーズは、マインクラフト世界でのひとつのブロックを4ポッチのレゴブロックと見立てたサイズのデザインになっていて、マインクラフトに登場するキャラクター(Mob)たちもレゴのミニフィグ(人形)と同じサイズになっています。

こちらは「レゴ マインクラフト 21135 クラフトボックス2.0」セットです。

このクラフトボックスは、レゴクラシックシリーズのアイデアボックスのようにいろいろなブロックの詰め合わせになっていて、自由にクラフトを楽しむことができます。

デジタルの世界で自由にクラフトできるマインクラフトと、実在するブロックを使って自由に組み立てができるレゴブロックはとても相性が良く、現在はこのクラフトボックスをはじめ、マインクラフトの様々なシーン、世界がレゴブロックのセットとして製品化されています。

レゴ マインクラフト シリーズは、以前はレゴストアなどのブランドストア限定での販売でしたが、2017年からはレゴ製品カタログにマインクラフトが掲載され、その後は大型量販店などでも正規取り扱いが開始されました。

2020年現在はレゴマインクラフトシリーズはレゴブロックの定番シリーズとして、店頭でも広く取り扱われている製品となっています。

レゴ マインクラフト新製品

2019年12月発売のレゴ マインクラフトの新作には以下の製品がありますよ。

Minecraft(マインクラフト)ゲームって何?

話が前後しますが、もともとマインクラフト(Minecraft)はパソコン用に開発されたサンドボックス型の箱庭ゲームです。

その後、WindowsやMacなどのPC版ゲーム以外に、AndroidやiOSなどのスマホやタブレット、PS4(プレイステーション4)や WiiU、XBOX などの家庭用ゲーム機などにも移植販売され、世界で大人気となっています。

こちらはプレイステーション4版マインクラフトの公式動画です。

Minecraft: PlayStation4 Edition TGS2014 PV PlayStation Japan

Minecraft: PlayStation®4 Edition TGS2014 PV

懐かしいファミコンゲームのようなカクカクした形を残したドットテイストの世界観で、自由に想像した世界でものづくりや冒険や育成が楽しめるゲームです。

レゴ マインクラフトは、その人気ゲームをレゴで表現した、という経緯のレゴ シリーズですよ。

関連情報

レゴアイデアとは? あなたのアイデアがレゴになる日本発のレゴ製品化サービス
レゴアイデア(LEGO Ideas)とはレゴアイデアは、オリジナルのレゴ作品のアイデアを実際に製品化するサービスです。提案された作品はユーザーからの投票を受け、人気の作品はレゴ社により製品化が検討されます。もともとは「LEGO CUUSOO
レゴ クラシックとは?対象年齢やデュプロとの違い、お子様への選び方やおすすめなど
レゴ クラシック(LEGO Classic)とはレゴクラシックは、自由な想像力で組み立てて作ることを想定して作られた様々な色合いのブロックやパーツが入っているレゴ(LEGO)の基本となるシリーズです。ブロックやパーツがセットになったもの以外
https://legoniwa.com/lego/product/post-1691
レゴ デュプロとは?特徴や年齢ごとの選び方のポイント、おすすめなど
レゴ デュプロ シリーズとは?レゴデュプロは、1歳半からの幼児向けにデザインされたレゴの製品シリーズです。ひとつひとつのパーツ(ブロック)が大きく作られています。レゴデュプロの「デュプロ」は...

コメント

スポンサーリンク