> 本日のAmazonレゴセール・クーポン情報 <
スポンサーリンク

レゴマインクラフトからハチの巣や行商人、廃坑など新作3セットの製品情報が公開!

レゴ マインクラフト シリーズの新製品として、3種類のセットが登場することが海外レゴ社公式サイト(US)で明らかになりました!

海外での発売日は2020年12月1日となっています。

© 2020 The LEGO Group / 出典:LEGO.com – The Bee Farm

レゴマインクラフト 新製品ラインナップ

今回新たに公式セット画像が公開されたのは、ハチの巣があるバイオームをモチーフとした「The Bee Farm 21165(ビーファーム)」、洞窟にある廃坑をモチーフとした「The “Abandoned” Mine 21166(廃坑)」、ラマを連れた行商人がいる交易所をモチーフとした「The Trading Post 21167(行商人の交易所)」の3セットです。

The Bee Farm 21165(ビーファーム)

出典:LEGO.com – The Bee Farm

The Bee Farm 21165(ビーファーム)」は、マインクラフトゲームに2019年アップデートで追加されたミツバチがモチーフとなっており、平原のバイオームを舞台にフィールドにはハチの巣や空飛ぶミツバチが配置されています。

また敵対したミツバチはギアで接続されたギミックにより、くるくると飛び回るように動かすことができるようになっているようです。

また、プレイヤーのミニフィグはミツバチのスキンがモデルになっており、背中には空を滑空できるエリトラを装備した可愛らしいデザインになっています。

The “Abandoned” Mine 21166(廃坑)

出典:LEGO.com – The “Abandoned” Mine

The “Abandoned” Mine 21166(廃坑)」は、近くに溶岩だまりのある廃坑がモデルとなっており、地上、廃坑、溶岩だまりの洞窟のエリアで構成されています。

地上には砂ブロックを使ったトラップが配置されており、真下にある廃坑にこの砂ブロックを落とすギミックがついています。

また、溶岩だまりの洞窟にはダイヤモンドや金の鉱石が配置されているほか、洞窟グモやスライム、ゾンビなどのモンスター、プレイヤーのスティーブのミニフィグが付属しています。

The Trading Post 21167(行商人の交易所)

出典:LEGO.com – The Trading Post

The Trading Post 21167(行商人の交易所)」はラマを連れた行商人との交易をモチーフとしたセットです。

メサバイオーム風のフィールドには行商人がいる交易所のほか、スケルトンがいる洞窟の入り口が配置されています。

交易所はカウンターに置かれた商品の出し入れができるギミックがあるほか、洞窟の近くにはTNTブロックを飛ばすことができるギミックがついています。

行商人のフィグのほか、行商人が連れている特徴的なラマが2頭、スケルトン、プレイヤーのスティーブのミニフィグが付属しています。

レゴマインクラフト新製品の発売日など

今回公開された3セットについては、海外レゴ社公式サイト(US)での発売日が2020年12月1日となっています。

日本国内でも同時期の発売になると思われますが、正式な取り扱いについては未確認です。

国内での発売予定などについて詳細がわかりましたら改めてお知らせいたします。

コメント