スポンサーリンク

自分だけのオリジナルミニフィグが作れる「レゴミニフィギュアファクトリー」が、デンマークのレゴハウスでサービス開始!限定デザインも

自分だけのミニフィギュア/ミニフィグ(レゴの人形)を作ることができる新サービス「LEGO Minifigure Factory(レゴ ミニフィギュア ファクトリー)」が、デンマーク・ビルンにある体験型施設「レゴハウス(LEGO HOUSE)」でお披露目されたことがプレスリリースで発表されました!

本日2020年9月11日(金)からサービスが利用可能になるとのことです。

©LEGO House /出典:LEGO® House – Press Release – LEGO Minifigure Factory

このレゴミニフィギュアファクトリーでは、テキストや装飾、イラストなどを指定したオリジナルのデザインを使い、自分だけのミニフィギュアのトルソー(上半身のパーツ)を作ることができます。

指定したデザインはその場でトルソーに印刷され、頭や下半身のパーツと組み合わせることで、自分だけのカスタマイズされたミニフィグを作ることができるサービスとなっています。

©LEGO House /出典:LEGO® House – Press Release – LEGO Minifigure Factory

デザインは事前に用意された複数のデザインから選択することができますが、テキストなどを追加してオリジナルの新しいデザインも作成できるとのことですよ。

さらにレゴハウスでは、「LEGO House」のロゴやスタッフのユニフォーム、レゴハウスの外観や恐竜のイラスト、レゴブロックの特許図面などをモチーフとした約20種類のイメージがレゴハウスだけの限定デザインとして用意されているそうです。

©LEGO House /出典:LEGO® House – Press Release – LEGO Minifigure Factory

自分だけのデザインがプリントできるオリジナルのミニフィギュアは記念のコレクションやお土産としてとても魅力的なアイテムになるではないでしょうか。

以下の動画は、過去にレゴ公式SNSアカウントで紹介されたレゴ ミニフィギュア ファクトリーでのオリジナルミニフィグ制作の様子です。文字などは手書きでき、拡大縮小したりイラストなどとも複数組み合わせて自由度の高いデザインが作れるようです。

このレゴミニフィギュアファクトリーのサービスは、現在デンマークのレゴハウスのほか、ドイツのベルリン、アメリカのフロリダ州オーランド、オランダのアムステルダムにあるレゴストア店舗でも利用できるとのことです。

国や地域など限定のイラストを使ってミニフィグが作れるサービスは、レゴハウスに限らず旅行先でのレゴストア店舗などでも利用できるようになったりすると、各国に訪れた際のレゴストアのサービス価値もさらに高まりそうですね。

日本やその他の国への拡大については現段階では発表されていませんが、今後の展開が楽しみなサービスです。

レゴハウス施設について詳しくは、LEGO House の公式サイトへ。

LEGO House(レゴ ハウス)
(Ole Kirks Plads 1 , 7190 Billund , Denmark)

オススメの記事

コメント