> 本日のAmazonレゴセール・クーポン情報 <
スポンサーリンク

レゴアイデアにて『カギがかけられるカラクリつき金庫』のレゴ作品が10,000サポートを獲得

レゴアイデアサイトにて、実際にカギがかけられる保安官の金庫を題材としたレゴ(LEGO)製品化アイデアが、10,000名のサポーターを獲得しました。

10,000サポーター獲得作品「Sheriff’s Safe with Combination Lock」

今回、10,000名のサポーターを獲得した製品化アイデアは、「Il Buono」さんによる作品「Sheriff’s Safe with Combination Lock」です。

出典:LEGO IDEAS – Sheriff’s Safe with Combination Lock

作品は、西部劇などの作品に登場するようなレトロな雰囲気の金庫をモチーフとしたもの。

作品には金庫のほかに、リボルバー(回転式けん銃)、金塊、ダイナマイト、古いチーズ、半分のソーセージ、指名手配の張り紙など、ストーリーを広げるアクセサリが付属しています。

出典:LEGO IDEAS – Sheriff’s Safe with Combination Lock

そして、金庫には実際に動作するダイヤル式のロックが備えられています。

このダイヤル式ロックは実際の鍵の構造をレゴで再現していて、24通りの数字の中から好きな数字を設定できるとのこと。

ピース数は546個(金庫本体431ピース、アクセサリ類115ピース)となっています。

「Sheriff’s Safe with Combination Lock」のレゴセット化の予定は?

レゴ アイデアは、一般のユーザーからアイデアを募りレゴセットの製品化をするサービスです。

製品化の検討を進めるためには、まず、レゴ製品化のアイデアをサイトに投稿して、10,000人のサポーターを獲得する必要があります。

そして、10,000人のサポーターを獲得した製品のアイデアは、年3回行われる「LEGO Review(レゴレビュー)」で評価が行われます。

ここでレゴ社のレビュー会議で製品を評価し、自社のレゴ製品と同等のプロセスでの生産検討が行われるとされています。

レゴ製品化アイデアの「Sheriff’s Safe with Combination Lock」は、今回10,000人のサポーターを獲得したため、次回のレゴレビューへとステップが進みます

次回のレゴレビューの対象となる製品化アイデアは、今回の「Sheriff’s Safe with Combination Lock」を加えて合計14件となりました。

レゴレビューは年3回、1月上旬、5月、9月の閉め切りに基づいて実施される予定になっていますので、「Sheriff’s Safe with Combination Lock」がレゴセット製品化されるかどうか、今後のレゴレビューに注目ですね。

レゴアイデアサイトでは製品アイデアの募集のほか、サポーター投票の受付やコンテストなども開催されています。

今回の「Sheriff’s Safe with Combination Lock」のほか、お気に入りの製品化アイデアがあればぜひ投票に参加してみてはいかがでしょうか。

コメント