> 本日のAmazonレゴセール・クーポン情報 <
スポンサーリンク

レゴアイデアにて『スチームパンクのアトリウム』を題材としたレゴ作品が10,000サポートを獲得

レゴアイデアサイトにて、四季やシーズンイベントの風景を飾れる卓上カレンダーを題材としたレゴ(LEGO)製品化アイデアが、10,000名のサポーターを獲得しました。

10,000サポーター獲得作品「Exploratorium」

今回、10,000名のサポーターを獲得した製品化アイデアは、「EndlessAges」さんによる作品「Exploratorium」です。

出典:LEGO IDEAS – Exploratorium

作品は、蒸気機関によって発達した文明をテーマとした「スチームパンク」の世界観を基にしたアトリウム(天窓などを備えた大きな吹き抜けをもつ広間)で、いくつかの研究施設などを備えた建物となっています。

建物には格納可能な大型の天体望遠鏡や水族館、蒸気機関の潜水艇などが備えられているほか、建物に張り巡らされた蒸気配管や圧力計、バルブなどによってスチームパンクの世界観が表現されています。

また、この作品は「The Flight Works Series」と呼ばれる統一テーマの作品があり、同作者による作品同士を組み合わせてスチームパンクの街を作ることができるモジュラービルディングの構成になっているとのことです。

「Exploratorium」のレゴセット化の予定は?

レゴ アイデアは、一般のユーザーからアイデアを募りレゴセットの製品化をするサービスです。

製品化の検討を進めるためには、まず、レゴ製品化のアイデアをサイトに投稿して、10,000人のサポーターを獲得する必要があります。

そして、10,000人のサポーターを獲得した製品のアイデアは、年3回行われる「LEGO Review(レゴレビュー)」で評価が行われます。

ここでレゴ社のレビュー会議で製品を評価し、自社のレゴ製品と同等のプロセスでの生産検討が行われるとされています。

レゴ製品化アイデアの「Exploratorium」は、今回10,000人のサポーターを獲得したため、次回のレゴレビューへとステップが進みます

次回のレゴレビューの対象となる製品化アイデアは、今回の「Exploratorium」を加えて合計19件となりました。

レゴレビューは年3回、1月上旬、5月、9月の閉め切りに基づいて実施される予定になっていますので、「Exploratorium」がレゴセット製品化されるかどうか、今後のレゴレビューに注目ですね。

レゴアイデアサイトでは製品アイデアの募集のほか、サポーター投票の受付やコンテストなども開催されています。

今回の「Exploratorium」のほか、お気に入りの製品化アイデアがあればぜひ投票に参加してみてはいかがでしょうか。

コメント