> 本日のAmazonレゴセール・クーポン情報 <
スポンサーリンク

レゴアイデアにて『ホーカス ポーカス』を題材としたレゴ作品が10,000サポートを獲得

レゴアイデアサイトにて、映画『ホーカス ポーカス』を題材としたレゴ(LEGO)製品化アイデアが、10,000名のサポーターを獲得しました。

10,000サポーター獲得作品「Hocus Pocus – Sanderson Sisters’ Cottage」

今回、10,000名のサポーターを獲得した製品化アイデアは、「TheAmbrinator」さんによる作品「Hocus Pocus – Sanderson Sisters’ Cottage」です。

出典:Hocus Pocus – Sanderson Sisters’ Cottage

作品は、1993年に海外公開されたディズニー映画『Hocus Pocus(ホーカス・ポーカス)』を題材としたセットで、魔女のウィニー、メアリー、サラのサンダーソン3姉妹が住む(住んでいた)森の小屋がモチーフとなっています。

物語の舞台となる建物はかつて300年前に3人の魔女たちが住んでいた小屋で、物語が進行する1993年では閉鎖された博物館として登場しますが、このレゴセットでは1993年のサンダーソン博物館の状態と、1963年のサンダーソンの家の状態のそれぞれを再現できるようになっているとのこと。

映画でも登場する建物の仕掛けなども再現されており、魔女3姉妹のほか、マックス、ダニー、アリソンなどの登場人物のミニフィグなどが含まれています。

アメリカではこの『Hocus Pocus』がハロウィンシーズンの風物詩的な作品として認知されているとのこともあり、ホーカスポーカスのファンだけでなく、幽霊屋敷やハロウィンのファンにも、と作者よりコメントされています。

「Hocus Pocus – Sanderson Sisters’ Cottage」のレゴセット化の予定は?

レゴ アイデアは、一般のユーザーからアイデアを募りレゴセットの製品化をするサービスです。

製品化の検討を進めるためには、まず、レゴ製品化のアイデアをサイトに投稿して、10,000人のサポーターを獲得する必要があります。

そして、10,000人のサポーターを獲得した製品のアイデアは、年3回行われる「LEGO Review(レゴレビュー)」で評価が行われます。

ここでレゴ社のレビュー会議で製品を評価し、自社のレゴ製品と同等のプロセスでの生産検討が行われるとされています。

レゴ製品化アイデアの「Hocus Pocus – Sanderson Sisters’ Cottage」は、今回10,000人のサポーターを獲得したため、次回のレゴレビューへとステップが進みます

次回のレゴレビューの対象となる製品化アイデアは、今回の「Hocus Pocus – Sanderson Sisters’ Cottage」を加えて合計20件となりました。

レゴレビューは年3回、1月上旬、5月、9月の閉め切りに基づいて実施される予定になっていますので、「Hocus Pocus – Sanderson Sisters’ Cottage」がレゴセット製品化されるかどうか、今後のレゴレビューに注目ですね。

レゴアイデアサイトでは製品アイデアの募集のほか、サポーター投票の受付やコンテストなども開催されています。

今回の「Hocus Pocus – Sanderson Sisters’ Cottage」のほか、お気に入りの製品化アイデアがあればぜひ投票に参加してみてはいかがでしょうか。

コメント