> 本日のAmazonレゴセール・クーポン情報 <
スポンサーリンク

レゴアイデアにて『レミーのおいしいレストラン』をテーマとしたレゴ作品が10,000サポートを獲得

レゴ アイデア サイトにて映画「レミーのおいしいレストラン」を題材としたレゴ(LEGO)製品化アイデアが、10,000名のサポーターを獲得しました。

10,000サポーター獲得作品「Ratatouille: ReOpen The Doors!」

今回、10,000名のサポーターを獲得した製品化アイデアは、「BRICK PROJECT」さんによる作品「Ratatouille: ReOpen The Doors!」です。

「Ratatouille」はディズニー/ピクサー映画『レミーのおいしいレストラン』の原題で、作品はこの映画をモチーフとしたものとなっています。

出典:LEGO IDEAS – Ratatouille: ReOpen The Doors!

舞台となるレストラン「グストー」がモデルとなっており、リングイニたちが働く厨房がレゴブロックで再現されています。

出典:LEGO IDEAS – Ratatouille: ReOpen The Doors!

過去に「Ratatouille: Open The Doors!」という10,000サポートを獲得し、製品化検討に進んだものの、残念ながら製品化の選考から外れてしまったアイデアがありました。

今回の作品は、同じ作者から同じモチーフをテーマに再構成し、提出されたアイデアとなっています。

「Ratatouille: ReOpen The Doors!」のレゴセット化の予定は?

レゴ アイデアは、一般のユーザーからアイデアを募りレゴセットの製品化をするサービスです。

製品化の検討を進めるためには、まず、レゴ製品化のアイデアをサイトに投稿して、10,000人のサポーターを獲得する必要があります。

そして、10,000人のサポーターを獲得した製品のアイデアは、年3回行われる「LEGO Review(レゴレビュー)」で評価が行われます。

ここでレゴ社のレビュー会議で製品を評価し、自社のレゴ製品と同等のプロセスでの生産検討が行われるとされています。

レゴ製品化アイデアの「Ratatouille: ReOpen The Doors!」は、今回10,000人のサポーターを獲得したため、次回のレゴレビューへとステップが進みます

次回のレゴレビューの対象となる製品化アイデアは、今回の「Ratatouille: ReOpen The Doors!」を加えて合計34件となりました。

レゴレビューは年3回、1月上旬、5月、9月の閉め切りに基づいて実施される予定になっていますので、「Ratatouille: ReOpen The Doors!」がレゴセット製品化されるかどうか、今後のレゴレビューに注目ですね。

レゴアイデアサイトでは製品アイデアの募集のほか、サポーター投票の受付やコンテストなども開催されています。

今回の「Ratatouille: ReOpen The Doors!」のほか、お気に入りの製品化アイデアがあればぜひ投票に参加してみてはいかがでしょうか。

コメント