スポンサーリンク

レゴアイデアにて『ローマのコロッセオ』をテーマとしたレゴ作品が10,000サポートを獲得

レゴ アイデア サイトにてローマのコロッセオをモチーフとしたレゴ(LEGO)製品化アイデアが、10,000名のサポーターを獲得しました。

10,000サポーター獲得作品「Colosseum (Architecture Style)」

今回、10,000名のサポーターを獲得した製品化アイデアは、「SkyWalter」さんによる作品「Colosseum (Architecture Style)」です。

出典:LEGO IDEAS – Colosseum (Architecture Style)

作品は、イタリアのローマにあるコロッセオ(フラウィウス円形闘技場/コロッセウム)をモチーフとしたもの。

ローマ帝政期に建築された円形闘技場で、イタリアのローマを代表する観光地でもあるコロッセオをレゴアーキテクチャーシリーズのようなマイクロスケールで再現したモデルとなっています。

出典:LEGO IDEAS – Colosseum (Architecture Style)

モデルは36×28ポッチのサイズで構成されており、ピース数は2,149。外観を可能な限り忠実に作るため、コロッセウムのCADモデルをドラフトとして作成し、その後レゴモデルをデザインしたそうです。

出典:LEGO IDEAS – Colosseum (Architecture Style)

さらに、現在の破損されてしまったコロッセオだけでなく、建築当時のコロッセオも再現できるようになっているとのことです。

「Colosseum (Architecture Style)」のレゴセット化の予定は?

レゴ アイデアは、一般のユーザーからアイデアを募りレゴセットの製品化をするサービスです。

製品化の検討を進めるためには、まず、レゴ製品化のアイデアをサイトに投稿して、10,000人のサポーターを獲得する必要があります。

そして、10,000人のサポーターを獲得した製品のアイデアは、年3回行われる「LEGO Review(レゴレビュー)」で評価が行われます。

ここでレゴ社のレビュー会議で製品を評価し、自社のレゴ製品と同等のプロセスでの生産検討が行われるとされています。

レゴ製品化アイデアの「Colosseum (Architecture Style)」は、今回10,000人のサポーターを獲得したため、次回のレゴレビューへとステップが進みます

次回のレゴレビューの対象となる製品化アイデアは、今回の「Colosseum (Architecture Style)」で合計2件となりました。

レゴレビューは年3回、1月上旬、5月、9月の閉め切りに基づいて実施される予定になっていますので、「Colosseum (Architecture Style)」がレゴセット製品化されるかどうか、今後のレゴレビューに注目ですね。

レゴアイデアサイトでは製品アイデアの募集のほか、サポーター投票の受付やコンテストなども開催されています。

今回の「Colosseum (Architecture Style)」のほか、お気に入りの製品化アイデアがあればぜひ投票に参加してみてはいかがでしょうか。

元アイデアの詳細については「Colosseum (Architecture Style)」プロジェクト ページ(英語)へ。

コメント