スポンサーリンク

レゴアイデアにて、ホビットの冒険の『袋小路屋敷』をテーマとしたレゴ作品が10,000サポートを獲得

レゴ アイデア サイトにて、ホビットの冒険の『袋小路屋敷(Bag End)』のレゴ(LEGO)製品化アイデアが、10,000名のサポーターを獲得しました。

10,000サポーター獲得作品「Bag End」

今回、10,000名のサポーターを獲得した製品化アイデアは、「saabfan」さんによる作品「Bag End(袋小路屋敷)」です。

出典:LEGO IDEAS – Bad End

「袋小路屋敷(Bag End)」と名付けられたこの作品は、小説「指輪物語」「ホビットの冒険」や映画「ロードオブザリング」シリーズに登場するホビット族のビルボ・バギンズの家がレゴブロックで再現された作品です。

本作品のモチーフとしている小説「ホビットの冒険」を書かれたJ.R.R.トールキン氏に敬意を表して、赤い外装の本の上に家が建てられたモデルとして表現されています。

出典:LEGO IDEAS – Bad End

そして、モデルは映画「ロードオブザリング」シリーズで描かれている姿に触発されているものの、原作小説「ホビットの冒険」からの引用による特徴をできるだけ多く含めるように考えられたモデルになっていると説明されています。

出典:LEGO IDEAS – Bad End

ビルボ・バギンズの家である「袋小路屋敷」は、円形のグリーン色のドアを開けると、玄関ホール、キッチン、居間、寝室、バスルーム、パントリー、書斎、保管室などの詳細なインテリアが見えます。

建物の外側には、井戸のある庭、野菜畑、丘の頂上(家の上側)に続く階段があり、樫の木の下には物干し用のロープやベンチが置かれています。

そして、家の内部にアクセスしやすいように屋根を取り外しできる仕組みが考えられています。

出典:LEGO IDEAS – Bad End

モデルのサイズは2,964ピースの大型セットとなっており、ビルボ・バギンズとガンダルフの2体のミニフィグを含むモデルとして提案されています。

出典:LEGO IDEAS – Bad End

「Bag End」のレゴセット化の予定は?

レゴ アイデアは、一般のユーザーからアイデアを募りレゴセットの製品化をするサービスです。

製品化の検討を進めるためには、まず、レゴ製品化のアイデアをサイトに投稿して、10,000人のサポーターを獲得する必要があります。

そして、10,000人のサポーターを獲得した製品のアイデアは、年3回行われる「LEGO Review(レゴレビュー)」で評価が行われます。

ここでレゴ社のレビュー会議で製品を評価し、自社のレゴ製品と同等のプロセスでの生産検討が行われるとされています。

レゴ製品化アイデアの「Bag End」は、今回10,000人のサポーターを獲得したため、次回のレゴレビューへとステップが進みます

次回のレゴレビューの対象となる製品化アイデアは、今回の「Bag End」で合計5件となりました。

レゴレビューは年3回、1月上旬、5月、9月の閉め切りに基づいて実施される予定になっていますので、「Bag End」がレゴセット製品化されるかどうか、今後のレゴレビューに注目ですね。

レゴアイデアサイトでは製品アイデアの募集のほか、サポーター投票の受付やコンテストなども開催されています。

今回の「Bag End」のほか、お気に入りの製品化アイデアがあればぜひ投票に参加してみてはいかがでしょうか。

元アイデアの詳細については「Bag End」プロジェクト ページ(英語)へ。

オススメの記事

コメント