スポンサーリンク

朝日新聞社とレゴのタイアップ企画「#みんなのレゴユニコーン」チャレンジが開催!「Rebuild The World – 創造力が、世界を変える」プロジェクト

レゴグループの世界的なキャンペーン「Rebuild The World - 創造力が、世界を変える」と朝日新聞社がタイアップして、Twitterでレゴブロック作品を募集する「#みんなのレゴユニコーン」チャレンジが開催されることが株式会社朝日新聞社のプレスリリースで発表されました!

子どもたちの無限の可能性を引き出す世界であってほしい。そんな思いを込めたプロジェクト「Rebuild The World - 創造力が、世界を変える」は、2019年9月からスタートしたグローバルキャンペーンです。

ユニコーンはいるよ – レゴ Rebuild The World 創造力が、世界を変える

Unicorns do exist – LEGO Rebuild The World

今回は、この「Rebuild The World ― 創造力が、世界を変える」キャンペーンの一環として朝日新聞社とタイアップして実施される、「ユニコーン」テーマのレゴブロック作品を募集するチャレンジ企画とのことです。

お子さまの創った作品が新聞広告に掲載されるかもしれないとのことですので、興味がある方は親子でユニコーンを作って応募してみてはいかがでしょうか。

詳細については「#みんなのレゴユニコーン」特設ページへ。応募期間は2020/10/7〜10/25までとなっています。

レゴ×朝日新聞社「#みんなのレゴユニコーン」チャレンジが開催!

以下、今回のプレスリリースで発表された「#みんなのレゴユニコーン」チャレンジについての引用です。

レゴ×朝日新聞社「#みんなのレゴユニコーン」チャレンジ開催 お子さまのレゴブロック作品が新聞広告に掲載されるかも!?

~レゴのグルーバルキャンペーン「Rebuild the World-創造力が、世界を変える」と朝日新聞社がタイアップし、Twitterでレゴブロック作品を募集開始~

株式会社朝日新聞社 2020年10月6日 19時06

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、レゴジャパン株式会社(本社:東京都港区赤坂、代表社長:長谷川敦)協賛のもと、Twitter上でレゴ作品を募集する「#みんなのレゴユニコーン」チャレンジを開催します。本チャレンジは子どもたちの創造力を育むことを目的に、レゴブロックを使って自由に制作した作品を募集するもので、10月7日(水)よりTwitter上で、「ユニコーン」をテーマにしたレゴブロックを使った作品の募集を開始します。

「Rebuild the World-創造力が、世界を変える」キャンペーンを通じて子供たちの創造力を引き出したい
レゴグループでは「Rebuild the World-創造力が、世界を変える」キャンペーンをグローバルで展開。同一のテーマに対して全世界の子どもたちがレゴブロックを使った作品製作にチャレンジするという、まさに「創造力が、世界を変える」イベントです。その一環として、朝日新聞社とタイアップし、「ユニコーン」をテーマとしたレゴブロックを使った作品をTwitter上で募集。10月下旬に掲載予定の朝日新聞全国版朝刊・全面広告にて応募作品の一部を紹介します。(予定)

「#みんなのレゴユニコーン」とは
「#みんなのレゴユニコーン」は、ユニコーンというお題に対して子どもたちにレゴブロックを使った作品を募集するチャレンジです。教育報道に力を入れている朝日新聞社とレゴジャパンがタイアップし、一般から広く募集します。募集期間は2020年10月7日(水)から10月25日(日)まで。Twitterのレゴジャパン公式アカウント(@LEGO_Group_JP)と朝日新聞のWORKO!プロジェクト公式アカウント(@OfficeWorko)をフォローした後、「#みんなのレゴユニコーン」のハッシュタグをつけてレゴブロック作品の写真を投稿すれば応募完了です。

【応募概要】
1.概要:
本チャレンジへの応募は4歳以上の方に限ります。ご応募いただいた作品の中から、10月下旬に掲載予定の朝日新聞朝刊全国版のレゴジャパンの広告内で紹介させていただきます。
2.本チャレンジの運営事務局は朝日新聞社、スポンサーはレゴジャパンです。
3.応募資格:
応募段階で4歳以上であり、日本国内に在住している方。未成年の方は、親/保護者に写真の投稿を依頼し、必ず親/保護者の許可を得た上で写真を応募してください。
4.応募期間:
応募作品は、2020年10月7日(水)0:00AM(日本時間)から2020年10月25日(日) 11:59 PM(日本時間)まで(以下「応募期間」)に送信してください。それ以降に受理した作品は無効となります。

【応募方法】
STEP1 【作品制作】
レゴブロックで自由にユニコーンの作品を制作してください。
STEP2 【写真撮影】
つくった作品を写真撮影してください。
※作品全体がおさまるように撮影をお願いします。

STEP3 【作品応募】
Twitterのレゴジャパン公式アカウント(@LEGO_Group_JP)と朝日新聞のWORKO!プロジェクト公式アカウント(@OfficeWorko)をフォローしてください。撮影した写真を以下のハッシュタグをつけて投稿し、応募してください。
#みんなのレゴユニコーン
※ハッシュタグ「#」は半角での入力でお願いいたします。

STEP4 【掲載許諾】
朝日新聞社及びレゴ グループの確認を経て、新聞広告で紹介する作品の候補者にTwitterのダイレクトメールで掲載許諾の確認を行います。

STEP5 【広告掲載】
10月下旬掲載予定の朝日新聞全国版朝刊の広告にあなたの作品が掲載されるかもしれません。
※必要に応じて、本ガイドラインに沿った応募作品に対して、「WORKO!プロジェクト」(※下記注参照) のアカウントよりレゴジャパンの広告での利用許諾のお願いをダイレクトメールさせていただきます。
※応募多数の場合、新聞広告に掲載される作品は抽選となります。あらかじめご了承ください。

【応募要項】
「#みんなのレゴユニコーン」特設ページをご参照ください。
URL:https://www.asahi.com/ads/lego/

【Rebuild the World-創造力が、世界を変えるについて】
レゴブロックは、誰もが持っているクリエイティビティ―を解き放つきっかけになります。「年齢を問わず、無限大の可能性を引き出す世界をつくりたい」、そんな思いが込められたグローバルキャンペーンです。

【WORKO!プロジェクトについて】
「WORKO!(ワーコ)」プロジェクトは、朝日新聞社女性プロジェクトの一環として、働きながら子育てしやすい社会をつくっていこうと2016年に始動しました。「働く(=WORK)」と「子育て(=KO)」に関する課題や悩みは多く、保活や男性の育休取得、住宅購入、教育、お金、パートナーとの関係……と山積み状態。WORKO!プロジェクトでは、子育て世代が抱えるこれらの課題について、当事者はもちろん行政や専門家、企業などを巻き込んで社会全体で課題の背景をとらえ、様々な解決策を提案。多様な人や企業・団体などが交わり、働き方と子育ての新しいスタイルをともに考え、発信していきます。

■レゴグループについて

遊びが持つパワーを通して、-世界の明日を創造していく未来の担い手を育成する-それがレゴ グループの使命です。レゴ ブロックと基礎部分からなるLEGO System in Playは、子どもから大人まで誰もが、思い通りにものを作り上げ、好きに形を変えて、また新たなものを作り上げられる遊びツールです。
レゴ グループは、1932年、デンマークのビルンで誕生しました。創立者は、オーレ・キアク・クリスチャンセン。レゴという名は、デンマーク語で「よく遊べ」を意味するLEg GOdtに由来しています。
現在も引き続きビルンを本部として家族経営を続けているレゴ グループですが、その製品は世界140カ国以上で販売されています。

レゴジャパン公式Twitter:https://twitter.com/LEGO_Group_JP
レゴジャパン公式Facebook:https://www.facebook.com/legojp/

今後も様々な動画や作品展示などで「Rebuild The World - 創造力が、世界を変える」プロジェクトを体験できる機会を期待したいですね。

Rebuild The World - 創造力が、世界を変える」ブランドキャンペーンの詳細については、レゴ社公式の特設サイトへ。

コメント