スポンサーリンク

レゴアイデアにて『クラシックキャッスル』を題材としたレゴ作品が10,000サポートを獲得

レゴアイデアサイトにて、『クラシックキャッスル』を題材としたレゴ(LEGO)製品化アイデアが、10,000名のサポーターを獲得しました。

10,000サポーター獲得作品「Classic Castle」

今回、10,000名のサポーターを獲得した製品化アイデアは、「DERBOOR」さんによる作品「Classic Castle」です。

出典:LEGO IDEAS – Classic Castle

モデルとなっているのは中世をイメージさせるお城で、これは2013年の発売を最後にラインナップが終了してしまった「レゴ キャッスルシリーズ(旧:お城シリーズ、レゴキングダム)」の新しいモデルをイメージしたものとなっています。

出典:LEGO IDEAS – Classic Castle

お城には城門と櫓が設けられており、門の裏手には家のある小さな中庭があります。また、城には煙突付きのホールがあるほか、室内には美味しい料理も用意されていると説明されています。

「Classic Castle」のレゴ製品化の予定は?

レゴ アイデアは、一般のユーザーからアイデアを募りレゴセットの製品化をするサービスです。

製品化の検討を進めるためには、まず、レゴ製品化のアイデアをサイトに投稿して、10,000人のサポーターを獲得する必要があります。

そして、10,000人のサポーターを獲得した製品のアイデアは、年3回行われる「LEGO Review(レゴレビュー)」で評価が行われます。

ここでレゴ社のレビュー会議で製品を評価し、自社のレゴ製品と同等のプロセスでの生産検討が行われるとされています。

レゴ製品化アイデアの「Classic Castle」は、今回10,000人のサポーターを獲得したため、次回のレゴレビューへとステップが進みます

次回のレゴレビューの対象となる製品化アイデアは、今回の「Classic Castle」で合計8件となりました。

レゴレビューは年3回、1月上旬、5月、9月の閉め切りに基づいて実施される予定になっていますので、「Classic Castle」がレゴセット製品化されるかどうか、今後のレゴレビューに注目ですね。

レゴアイデアサイトでは製品アイデアの募集のほか、サポーター投票の受付やコンテストなども開催されています。

今回の「Classic Castle」のほか、お気に入りの製品化アイデアがあればぜひ投票に参加してみてはいかがでしょうか。

元アイデアの詳細については「Classic Castle」プロジェクト ページ(英語)へ。

オススメの記事

コメント