> 本日のAmazonレゴセール・クーポン情報 <
スポンサーリンク

レゴアイデアにてアメリカの豪快すぎる『ごみ収集車』を題材としたレゴ作品が10,000サポートを獲得

レゴアイデアサイトにて、ごみ収集車を題材としたレゴ(LEGO)製品化アイデアが、10,000名のサポーターを獲得しました。

10,000サポーター獲得作品「Automated Garbage Truck」

今回、10,000名のサポーターを獲得した製品化アイデアは、「MochiMaster」さんによる作品「Automated Garbage Truck」です。

これは、主にアメリカでなど使用されている「ごみ収集車」をモデルとしたもの。

出典:LEGO IDEAS – Automated Garbage Truck

日本では導入されていませんが、アメリカで使われているごみ収集車のひとつで、路肩に置かれた大きなごみ箱を収集車に付けられたアームが自動的にごみ箱を持ち上げ、クルマの荷台(パッカー)に直接ごみを放り込む、という豪快な仕組みのものがモデルとなっています。

出典:LEGO IDEAS – Automated Garbage Truck

ごみ収集車のサイズがレゴシティの街にマッチする6ポッチ幅で作られているほか、付属するミニフィグやアクセサリなどもレゴシティのテーマに沿ってデザインされています。

国ごとの交通規則によって右側通行用、左側通行用それぞれのモデルに組み替えることもできるとのこと。

出典:LEGO IDEAS – Automated Garbage Truck

車体の側面にはノブがついており、これを回すことでギアが連動し、アーム部分が可動するとのこと。

出典:LEGO IDEAS – Automated Garbage Truck

セットにはごみの分別の学習にもなりそうないろいろな種類のごみをモデルとしたアクセサリも含まれています。

出典:LEGO IDEAS – Automated Garbage Truck

プロジェクトでは動画も公開されており、ごみを自動で回収するギミックの動きなどを動画で確認することもできます。

LEGO Ideas Automated Garbage Truck project

「Automated Garbage Truck」のレゴ製品化の予定は?

レゴ アイデアは、一般のユーザーからアイデアを募りレゴセットの製品化をするサービスです。

製品化の検討を進めるためには、まず、レゴ製品化のアイデアをサイトに投稿して、10,000人のサポーターを獲得する必要があります。

そして、10,000人のサポーターを獲得した製品のアイデアは、年3回行われる「LEGO Review(レゴレビュー)」で評価が行われます。

ここでレゴ社のレビュー会議で製品を評価し、自社のレゴ製品と同等のプロセスでの生産検討が行われるとされています。

レゴ製品化アイデアの「Automated Garbage Truck」は、今回10,000人のサポーターを獲得したため、次回のレゴレビューへとステップが進みます

次回のレゴレビューの対象となる製品化アイデアは、今回の「Automated Garbage Truck」で合計16件となりました。

レゴレビューは年3回、1月上旬、5月、9月の閉め切りに基づいて実施される予定になっていますので、「Automated Garbage Truck」がレゴセット製品化されるかどうか、今後のレゴレビューに注目ですね。

レゴアイデアサイトでは製品アイデアの募集のほか、サポーター投票の受付やコンテストなども開催されています。

今回の「Automated Garbage Truck」のほか、お気に入りの製品化アイデアがあればぜひ投票に参加してみてはいかがでしょうか。

元アイデアの詳細については「Automated Garbage Truck」プロジェクト ページ(英語)へ。

オススメの記事

コメント