スポンサーリンク

「レゴマーベルスーパーヒーローズ サノスメカスーツ 76141」の組み立てレビュー

レゴマーベルスーパーヒーローズ サノス・メカスーツ 76141」の組み立てレビューです。

本セットは2020年1月に発売が開始されたレゴブロック製品です。

同時期の2020年1月のレゴ新製品(参考記事)には、アイアンマン・メカスーツスパイダーマン・メカスーツなどのセットが登場していますよ。

レゴ マーベル スーパーヒーローズ サノス・メカスーツ 76141

対象年齢:6歳以上

本セットは、マーベルアベンジャーズに登場するサノスのメカスーツをモチーフとしたセットです。

サノス・メカスーツのコックピットを開いて、サノスのミニフィグを乗せることができます。また、メカスーツの手足は可動できるようになっています。

また、メカスーツの片腕はインフィニティストーンがはめ込まれたガントレットになっています。

サノス・メカスーツ 76141のパッケージ、組み立て説明書など

「レゴマーベルアベンジャーズ サノス・メカスーツ 76141」のパッケージ画像です。

おもて

うら

パーツは3つの袋に分類されていました。また、組立説明書1冊とステッカーシート1枚が付属しています。

組み立て説明書はアプリで見れる「インストラクションプラス(Instructions PLUS)」に対応していますよ。(Instructions PLUS参考記事

以下からは組み立て後のセットの詳細についてご紹介していきます。

サノス・メカスーツ 76140 レビュー

サノス・メカスーツが完成したところです。

まえ。

うしろ。

腕は肩部分と肘、手首の3か所がボールジョイントで可動するようになっています。

脚は股関節と膝、足首部分がボールジョイント(ミクセルジョイント)で可動します。

また、腰部分も回転するように動きますが1回転せず左右に40度くらいスイングできるようになっています。

サノス・メカスーツの最大の特長ともいえるのは、やはり左手です。

メカスーツの左手は、映画アベンジャーズなどにも登場するインフィニティガントレットをモデルとしたデザインになっていますよ。

指の付け根と甲の部分にはインフィニティジェム(ストーン)が再現されたクリアのタイルが合計6個はめ込まれています。

しっかり5本指の手のひらが再現されています。

手の甲のディッシュと小指の付け根に使われている1×1のスロープはメタリックゴールドの塗装パーツになっていましたよ。

肩のタイルもゴールド塗装です。

また、足の膝付近に使われている4つのスロープパーツもゴールド塗装になっていましたよ。

ポイントとなる部分にゴールド塗装のブロックが使われているのが効果的で華やかに見えます。

コックピットの部分です。

ハッチを開けてサノスのミニフィグを乗せることができます。

ミニフィグを乗せたところです。

「メカスーツ」とのことで、頭の部分はそのまま露出するデザインになっています。

胸のプレートはプリントパーツになっていますよ。

両腕と両腿の4か所共通のカーブパーツにはステッカーが使われていました。

ミニフィグはサノス1体付属しています。

ヘルメットが付属していて、その他のアクセサリなどはありません。

後ろから見たところ。

サノスの目は赤く、コミック版などを基調としたデザインになっているようです。

歯を食いしばり、気合が入った表情のサノスです。ダブルフェイスではありません。

他にサノスが登場するセット「コンパウンドでの戦い 76131」「サノス アルティメット・バトル 76107」「アベンジェット スペースミッション 76049」などでは、サノスはハルクなどと同じビッグフィギュアでデザインされていますが、こちらのセットでは通常サイズのミニフィグになっています。

険しい表情に対して小さい体のギャップがかわいいです。

このメカスーツのシリーズは可動箇所が多く、いろいろなポーズが決まります。

片足を浮かせるようなポーズも安定させることができますが、このセットは左右の手がアンバランスで重量もあるので、他のメカスーツと比べるとちょっとバランスが取りにくいかもしれません。

とはいえ、遊ぶには十分ダイナミックに動かせる構造です。

一つひとつのポーズがカッコよく決まるのが触っていて楽しいです。

その他に撮った写真をご紹介しますよ。

同時期に発売された「アイアンマンメカスーツ 76140」と並べてみました!

アイアンマン メカスーツのレビュー記事はこちら

メカスーツの各関節などはどちらも共通の構造で、大きさも一緒です。

ボールジョイントで細かいポーズがつけられるので、微妙に立たせ方を変えるだけでそれぞれヒーロー風、ヴィラン風の表情が感じられますね。

バトル開始!

勢いあるポーズも決まります。

ああっ、アイアンマン危うし!

アイアンマン復活!キック!

決まった!

どちらも自由に動きが付けられるので、戦わせて遊んでも楽しめますし、ポーズを付けて飾っても映えるセットだと思いました。

まとめ

サノスが操るメカスーツは、大きなガントレットのインパクトが抜群のヴィランらしいカッコいいセットです。

サノスのフィギュアがビッグフィギュアではなく通常のミニフィグサイズになっていますが、このサイズのサノスのミニフィグはほかでセット化されていないようなので、こちらもちょっと嬉しいポイントだと思いました。

アイアンマンメカスーツ 76140」と同じく、アクションを楽しめる可動パーツで構成されたメカデザインが一番の特長となっています。

レゴブロックでロボットを自作するのはなかなか大変だと思いますが、こちらのメカスーツでは基本的なロボットの構造ができあがっているので、レゴロボットの入門編としてこれをオリジナルのロボットにアレンジしてみるのも楽しそうです。

現在同じメカスーツのシリーズにはサノスのほかに「アイアンマン」と「スパイダーマン」の3体がラインナップされていますが、大きすぎず価格もお手頃のため、3体とも揃えたくなってしまう魅力があるセットです。

今回レビューしたのは、「レゴマーベルスーパーヒーローズ サノス・メカスーツ 76141」セットでした。

最後までお読みくださりありがとうございました。

この情報がみなさまとレゴブロックとの新たな出会いや楽しみに少しでも繋がれば嬉しいです。

コメント