スポンサーリンク

「レゴスーパーマリオ レゴマリオとぼうけんのはじまり 〜 スターターセット」組み立てレビュー

レゴスーパーマリオ レゴマリオとぼうけんのはじまり 〜 スターターセット 71360」の組み立てレビューです。

本セットは、新シリーズ「レゴ スーパーマリオ」から、世界に先駆けて2020年7月10日から日本先行発売が開始されたレゴブロック製品です。

全ラインナップは各国で2020年8月1日から発売されますが、スーパーマリオが誕生した国でもある日本では、まずスターターセットを含む3製品が世界に先駆けて先行発売されました。詳細についてはこちらの記事へ。

レゴマリオとぼうけんのはじまり〜スターターセット 71360

おもて

うら

レゴマリオとぼうけんのはじまり〜スターターセット 71360(LEGO Super Mario Adventures with Mario Starter Course 71360)
型番:30554
対象年齢:6歳以上

レゴ スーパーマリオの世界への入り口となるスターターセットです。電池で動くレゴマリオのフィギュアと、レゴマリオからさまざまなリアクションを引き出す7種類のアクションブロックが含まれています。

レゴブロックで作るコースのパーツやアクションブロック、クリボー、クッパジュニアの敵キャラなどを使ってオリジナルのコースを作り、レゴマリオを動かして遊ぶことができます。

レゴマリオのフィギュアにはカラーセンサー、モーションセンサー、液晶ディスプレイを搭載し、単4電池2本で動作します。

レゴマリオには目と口とお腹の部分に液晶ディスプレイがあり、アクションブロックや動作に対応して表情や反応が変わります。またスピーカーが搭載されており、スーパーマリオのゲームでの効果音やBGMが楽しめます。

組み立てレビュー

では、組み立てていきますよ。

スターターセットの箱を開けると、レゴブロック6袋とレゴマリオ、クイックスタートガイドの冊子などが入っています。

レゴマリオの電源をON

まずは、付属しているクイックスタートガイドから。

クイックスタートガイドの冊子には、レゴマリオに電池を入れる方法や、アプリで組み立てる順番などの簡単な内容のみが記載されています。

まずは、クイックスタートガイドを確認しながら、レゴマリオに単4電池2本(別売)を入れる手順になっていました。

レゴマリオの背中(裏)側にねじ穴が付いています。

電池を入れるためにはこのレゴマリオの背中のカバーを外す必要があるのですが、このレゴマリオの背中のカバーを外すには小さめのプラスドライバーが必要になりますので注意してください。

背中側にはBluetoothボタンと電源ボタンが付いています。

その後、青いオーバーオールの専用パーツを履かせます。足とズボン部分は一体型になっていました。

そして、黄色いボタンやマリオのトレードマークの赤い帽子、耳などを付けてレゴマリオが完成です!

電池を入れて電源ボタンを押すと、いつものマリオの声で「レゴマーリオターイム」などと音が鳴るので「あのマリオだ!」と実感できます。そして、目と口、胸のデジタル部分が表示されて、表情が出てくるのがとてもユニークです。

今までレゴにはなかった、全く新しいデジタルと連携したフィギュアとなっています。

レゴマリオの組み立て方について

このレゴスーパーマリオのセットには、冊子の組み立て説明書が付属していません。

インターネットから組み立て説明書のデータをダウンロードして組み立てることもできますが、レゴスーパーマリオを最大限楽しむためにはスマホやタブレットなどのアプリが使える環境が必要とされています。

対応したスマホやダブレットなどをお持ちでない場合は、レゴ社サイトから組み立て説明書をダウンロードして組み立て手順を見ることも可能ですよ。

モバイルアプリを使ったレゴマリオの組み立てについての手順については以下の流れになっていました。

レゴスーパーマリオ公式アプリを用意

レゴマリオを組み立てて無事起動の確認ができたら、次にスマホやタブレットを使って、レゴスーパーマリオ公式の専用アプリを使っていきますよ。

本セットには、組み立て説明書が入っていませんので、組み立て方についてもお持ちのスマホやタブレットに、レゴスーパーマリオ無料アプリをダウンロードして見ることになります。

※アプリのダウンロードにはAndroidやiOSに対応したスマホやタブレット等のスマートデバイスが必要です。対応機種などはLEGO.com/ja-jp/service/device-guide/でご確認ください。

もし、対応したスマホやダブレットなどをお持ちでない場合は、レゴ社サイトにて組立説明書のデジタルデータ(PDF)をダウンロードして、組み立て手順を見ることも可能です。

専用アプリが用意できたら「スタート」をタップして開始です。

なお、「レゴマリオとぼうけんのはじまり〜スターターセット 71360」は、アプリがなくても遊ぶことができますが、今後新しい拡張セットなどを追加する場合、自動アップデートするためにBluetooth接続が必要になるとのことのため、アプリがあるとより楽しめると思います。

レゴマリオとBluetoothで接続

さて、アプリでの設定の続きですが、レゴマリオの電源を入れた後に、Bluetoothでレゴマリオと接続するように案内が表示されます。

レゴマリオの背中側にあるBluetoothボタンを押すことで、正常に接続されました。

レゴマリオと接続する前でもアプリで組み立て方を確認できると良いのですが、スターターセットの組み立て手順はこのBluetooth接続が完了するまで表示することができませんでした。

レゴマリオと接続が終わると、ワールド画面にセット画像が追加されます。

このワールド画面には自分が所有している拡張セットなどの情報も記録されるので、レゴマリオのセットを集めていくことでアプリ画面上のワールドもどんどん広く、にぎやかになっていきます。

このスターターセットの画像をタップすると組み立て手順の説明画面を見ることができるようになりました!

ここからは、組み立てアプリを見ながらどんどんコースを組み立てていきました。

クリボーの体には、4面にポッチがついたパーツ使われていましたよ。こちらは、色々と便利に使えそうなブロックです。

アクションブロックにはバーコードのようなシールが貼られています。

シールは自分で貼るのではなく、全てのアクションブロックには初めからシールが貼られていましたよ。シール貼るの苦手なので助かります。(ホッ)

スタート地点となる土管と、ゴール地点に旗とゴールのアクションブロック、敵キャラのクリボーを使って、最短のコースを作って遊ぶことができます。

ステージに最低限必要なのはスタート、ゴールのみですが、レゴマリオはコイン集めにゲーム性を持たせているため、乗ったりすることでコインが手に入る敵キャラやブロック、ステージ上の仕掛けなどをつなぎ合わせて自由にコースを作っていきます。

レゴマリオの遊び方について

スタート地点とゴールを含めたコースが完成したら、レゴマリオを使ってコイン集めのゲームを遊ぶことができます。

スタート地点にレゴマリオを置くとゲームがスタートし、アクションブロックなどを使ってより多くのコインを集め、制限時間までにゴールにたどり着けばクリアとなります。

以下の写真がコースの例です。レゴマリオが入っている土管がスタート地点、隣に敵キャラのクリボーがいて、クッパの白黒の旗が立っている地点がゴールです。

このスターターセットでは、クリボーのほかにクッパジュニアの敵キャラクターが付属しています。

敵キャラには、それぞれアクションブロックが付いていて、レゴマリオで踏みつけるような動作をすることで倒してコインを集めることができる仕組みになっています。

また、コインを入手する方法は敵キャラを踏みつけるだけではありません。

アクションブロックには、レゴマリオを乗せて一定のアクションを行うことでコインをゲットできるような仕組みのものなどがあります。

例えばこのリフトのようなパーツは、乗せたマリオを落とさないように中央の回転パーツをぐるぐると回していくと、コインが手に入ります。

ブロックの上にマリオを乗せただけではコインは手に入らず、一定のスピードで回転させてはじめてコインが手に入ります。

これらのアクションブロックは、モーションセンサーなどを使ってマリオを落とさないように動かしていることを読み取ることで、バランスゲームとコイン集めが連動したゲーム性に繋がっています。

アクションブロックには他にも雲のパーツなどがありました。

こちらも上に乗せたマリオを落とさないように動かすことでコインが手に入ります。

レゴマリオのゲーム性について

レゴマリオはスタート地点の土管に置くことでゲームがスタートし、同時に60秒間のカウントダウンが始まります。

この60秒以内にいろいろなアクションブロックを使って、時間内により多いコインを集めてゴールすることが、このレゴマリオの大まかなルールとなっています。

ゲームとしての縛りは非常に緩いもので、同じハテナブロックを叩き続けてコインを得ることや、雲に乗せたまま60秒間コインを集めるということも可能です。

ただ、実際60秒間でどれだけコインを集められるのか、効率性だけを考えて遊んでみてみると、同じ敵を何度踏んでも、同じアクションブロックで長い時間アクションしても連続してコインを手に入れるためのタイムラグがあったり、一定のコインしか集められなかったりします。

(体感的にですが、同じブロックだけを使いつづけた場合は時間あたりのコインの入手枚数が制限される要素があるように感じます。)

ハテナブロックのアイテム(スーパースターなど)と連携して敵を倒すことで大量のコインが得られたり、タイミングを見てタイムを延長してタイムアップぎりぎりまでコインを稼いだりするなど、アクション間で連動した仕掛けによって、デジタルでのコイン集めのパターンがより複雑に成り立っています。

また、どのアクションをどう使ってよいか、アクションブロックをつかってよい順番や回数の制限などについては提示されていません。

レゴマリオは、この遊びの中核となる部分を実際に遊ぶ子どもたちに委ねていることも大きな特徴となっています。

例えば、クッパJr.のアクションブロックは、背中の甲羅の上についています。

また、クッパJr.がいる砦のパーツはには、踏みつけることで土台を倒すことができるギミックが付いています。

この踏み台を押し込んでクッパJr.を砦ごと倒すことで、クッパジュニアの背中の甲羅を「踏みつける」ことができるようになります。

アクションブロック自体はクッパJr.の甲羅についているので、マリオを横に傾けて足をクッパJr.の背中に押し付けてコインを得るようなこともできるのですが、それではマリオとしての遊びが十分には成り立ちません。

この踏み台のギミックをつかって「倒れた敵キャラの背中を踏みつける」というステップをルールとしてとらえることで、TVゲームのマリオの法則がレゴブロックの遊びと両立し、よりレゴマリオを楽しめるような仕組みが取られています。

いろいろな反応が楽しめる拡張セット

また、レゴスーパーマリオの拡張セットと組み合わせることで、レゴマリオの遊びを広げることができます。

拡張セットにはスターターセットにはないアクションブロックが含まれており、レゴマリオの新しい反応を楽しめるほか、巨大なクッパ像や砦などレゴブロックのダイナミックな仕掛けなどを組み合わせて自分だけのレゴマリオのステージを作ることができます。

中には「ハンモック」のように、レゴマリオが寝てしまうだけでコイン集めには特に直接関係がないギミックなども含まれています。(参考:「ヨッシーとマリオハウス」組み立てレビュー

これらも含め、レゴマリオは単純にコイン集めゲームで競争することだけでなく、レゴマリオの反応やコースの組み換えなどによる発見など、レゴとデジタルを通じて知育にも繋がる新しい遊びの要素が提供されています。

まとめ

もし先ほどの踏み台のギミックで飛んで行ったクッパJr.が、仰向けに倒れた場合は?手で裏返しても良いのでしょうか?

それは子供たちの遊びのルール次第です。

レゴマリオは基本的な遊びの枠組みを提供していますが、その最終的な遊び方はその時々で遊ぶ子供の想像力や、子供たち同士のコミュニケーションによって創られます。

このあたりの想像力と組み合わせた遊びの創出は、レゴならではのアイデアといえるかもしれません。

作って遊べるゲームのマリオメーカーのような創造性と、新しい遊びを作り出すレゴの創造性が生み出した、まさに「リアルマリオメーカー」ともいえる新しい遊びとなっています。

今回レビューしたのは、レゴマリオとぼうけんのはじまり〜スターターセット 71360でした。

最後までお読みくださりありがとうございました。

この情報がみなさまとレゴブロックとの新たな出会いや楽しみに少しでも繋がれば嬉しいです。

オススメの記事

コメント