スポンサーリンク

「レゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2 71028」 の組立レビュー その1

レゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2 71028」(2020年9月1日発売)の組み立てレビューその1です。(その2はこちら

本セットは、ハリーポッターのキャラクターが再現されたレゴミニフィギュアシリーズの第2弾となります。

成長したハリーやロン、ハーマイオニーをはじめ、ダンブルドア校長先生やベラトリクス、嘆きのマートルなどのミニフィグがラインナップされています。そして、今回も赤ちゃんハリーポッターやハリーの両親の写真、バタービール、不死鳥フォークスなどの魅力的な小物、アクセサリなどが登場していますよ。

レゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2 71028 についてはこちらの記事へ。

レゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2 71028

まずは、開封前のレゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2のパッケージです。

おもて

うら

レゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2 71028

型番:71028
対象年齢:5歳以上

レゴ ミニフィギュア シリーズは袋の中身が見えないミステリーバッグ形式なので、基本的にキャラクターの種類は選べません。何が出るかはお楽しみです。

さて、今回のレゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2 71028は全16種類のラインナップとなっています。

レゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2には、バタービールや赤ちゃんハリー、怪物的な怪物の本などの魅力的な小物が多く含まれていて、ぜひとも手に入れたかったセットです!ということで、今回は計8個を購入しましたよ(写真は一部です)。

では開封の結果はこちらです!

今回8個購入して、出たキャラクターは全16種類のうち6種類でした。今回はダブりが2種類出てしまうという結果でした。

入手したのは以下の6種類のキャラクターでした。

  • ハーマイオニー・グレンジャー
  • 嘆きのマートル
  • グリップフック
  • アルバス・ダンブルドア校長
  • ネビル・ロングボトム
  • ジェームズ・ポッター

個性的なミニフィギュアや素敵なアクセサリーも沢山です!

バタービールやフォークス、怪物的な怪物の本、トムリドルの日記など欲しかったアクセサリが入ったミニフィグなどをゲットできたので、まあまあの結果でした。

セット袋を開封すると、ミニフィギュアのキャラクター一覧が掲載された紙(1枚)とミニフィグを置くための黒い土台パーツが全てのパックに共通して入っていますよ。

では、入手したミニフィグを1つずつレビューします。

ハーマイオニー・グレンジャー

ハーマイオニー・グレンジャーのミニフィグです。

映画の中で、バタービールを飲んでいる場面の衣装を着ていますよ。

手には杖と、バタービールの小物を持っています。杖は2つ付属していましたよ。

このバタービールの小物が必須で欲しかったので、満足です!

クリアなビアグラスには、クリア色のバタービールの液体が入っているところまで表現されています。

USJのウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター エリアで、バタービールを飲んだことがありますが、甘くてクリーミーでとても美味しかったです。

乾杯!

こちらは、口端を上げて笑っている顔と、困った顔?の2種類の表情(ダブルフェイス)を持つミニフィギュアでした。

後ろ姿です。

ハーマイオニーは大人サイズの足の長さのミニフィグでした。

バタービールの小物は、ハーマイオニー以外にロンのミニフィグにも含まれていますよ。

ネビル・ロングボトム

ホグワーツ魔法魔術学校のグリフィンドール寮の制服とローブを着た「ネビル・ロングボトム」のミニフィグです。

手には杖と怪物的な怪物の本の小物を持っていますよ。杖パーツは2つ入っていました。

「怪物的な怪物の本」は、映画の中に登場する印象的な本です。

このように本の中にはスロープタイルが入っていて、怪物の本の口がプリントされていますよ。油断すると暴れて噛まれそうになるので注意が必要です!笑

怪物的な怪物の本の顔やギザギザな縁なども再現されています。

この小物は必須で欲しかったので手に入れられて嬉しいです。

こちらは、真顔と、驚いた顔の2種類の表情(ダブルフェイス)を持つミニフィギュアでした。ネビルは前歯が出ているのが特徴的です。

足の長さは大人と子供の中間の長さで、足の角度を変えられるので座らせたり動きをつけることができますよ。

嘆きのマートル

ホグワーツ魔法魔術学校で亡くなったゴースト(幽霊)の「嘆きのマートル」のミニフィグです。

映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」から登場した、幽霊の女の子のキャラクターです。

ゴーストということで全体的に血色がない、顔を含めて青白い色合いのミニフィグとなっています。

足の長さは大人と子供の中間の長さで、足の角度を変えられるので座らせたり動きをつけることができますよ。

こちらは、怒った顔と、嘆く顔の2種類の表情(ダブルフェイス)を持つミニフィギュアでした。

嘆きのマートルは、「T M R」という表紙のトム・リドルの日記帳を持っていますよ。映画のキーとなる、とても重要な小物なので嬉しいです。

ちゃんと日記に書かれた文字がプリントされたプレートが付属しています。

さらに、このように通常の土台プレートにプラスして、ミニフィグの足に付けられるような角度のついたパーツが付属していましたよ。

通常ミニフィグコレクションには土台パーツが付属していますが、それに2つのピースを追加で土台に取り付けてミニフィグに動きがつけられるようになっています。

最近のミニフィギュアシリーズでは、空飛ぶキャラクターなどに使われていますよ。

この透明パーツとセットで使うパーツは、予備も付いていました。

角度が付いているので、下記の画像のようにゴーストが浮遊しているような動きをつけることができます。宙に浮かぶゴーストを再現するため、このように土台に工夫がされているのは良いですね。

嘆きのマートルはゴーストですので、角度が付けられる土台がとても効果的です。

こちらはダブってしまったので、2セットをゲットです。

アルバス・ダンブルドア校長

アルバス・ダンブルドア校長のミニフィグです。

映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の中でフォークス(不死鳥)と共に登場するときの赤い衣装を着ています。

ミニフィグの手にはフォークスを乗せることできますよ。

ダンブルドア校長だけではなく、フォークスも映画の中では重要な役割を果たしている印象的なキャラクターなので魅力的です!

こちらは、2種類の表情(ダブルフェイス)を持つミニフィギュアでした。

ただ、髭パーツを付けると違いが分からないため、髭を外してみましたよ。

ご覧の通り、髭で隠れる(全然見えない…)ので表情の違いが分からないのですが、眉毛と口元がちょっと違っています。

口元は結局で隠れてしまいますが、この表情を用意されたこだわりが良いと思いました。顔の陰影やシワなどの線が細かく表現されています。

後ろ姿です。長い白髪と帽子は一体型になっていますよ。

ダンブルドア校長はダブってしまったので、2セットをゲットです。

ジェームズ・ポッター

ハリーの父親である「ジェームズ・ポッター」のミニフィグです。

映画の中で登場するハリーの母親「リリー」と父親「ジェームズ」の写真を手に持っています。そして、この写真と同じ衣装を着ているミニフィグですよ。

若かりしリリーとジェームズの写真がモチーフとなった小物です。映画にも登場する印象的なハリーの両親の写真がプリントされたプレートです。

こちらは、2種類の表情(ダブルフェイス)を持つミニフィギュアでした。

ニヤッとした顔と、歯を見せて笑う顔とが用意されています。

長めのもみあげに赤いマフラーがお似合いのジェームズです。

グリップフック(ゴブリン)

グリンゴッツ魔法銀行で働いていたゴブリン「グリップフック」のミニフィグです。

映画「ハリーポッターと死の秘宝」に登場した時のグリップフックが再現されています。

手には、グリフィンドールの剣と、グリンゴッツ魔法銀行の金庫の鍵を持っています。

今回のミニフィギュア シリーズは、顔部分の陰影プリントが細かく入っていて、よりリアルな表情が表現されています。

そして、グリップフックは顔が怖いです…。

映画シリーズの重要な場面で登場するグリフィンドールの剣を手に入れられて嬉しいです。剣には赤いクリアパーツが埋め込まれていてカッコいいです。

鍵パーツは2つ付属していましたよ。

カメラ目線だとさらに顔の迫力がすごい。

後ろ姿です。

背が低い種族のゴブリンのため、足の長さは子供と同じサイズです。足を曲げることはできないタイプです。

全種類のコンプリートは、ミステリーバッグで中身が分からないパッケージなのでなかなか難しいですが、今回も新しいハリーポッターテーマのミニフィグや小物、アクセサリーなどが手に入って満足です!

次ページでは、今回のミニフィグシリーズの全16種類のキャラクターとまとめです。

コメント