スポンサーリンク

ミニフィグの足の長さの違いや特徴について

レゴ ミニフィギュア(通称:ミニフィグ)には、足の長さが異なる3種類が存在しています。(※2020年10月現在)

例えば、レゴハリーポッター シリーズでは、主役のハリー・ポッターを中心に、赤ちゃんの頃〜11歳でホグワーツ魔法魔術学校に入学する子供の頃、そして成長して大人になっていく成長過程が含まれている映画「ハリー・ポッター」シリーズ作品が再現されたレゴブロック製品が発売されています。

ハリー・ポッターではさまざまな映画のシーンがレゴブロック製品として発売されていますので、登場人物の成長過程ごとに3種類の足の長さが異なるレゴ ミニフィギュア(以下 ミニフィグと記載します)が揃っています。

子供でも大人でもミニフィグの上半身(トルソー)のサイズは基本的に同じで、足の長さ(レッグ)で区別がされているようです。

そして、足の長さの3種類のうち中間の長さは、レゴハリーポッター シリーズの学生時代のミニフィグを中心に多く登場していますよ。

そこで、今回は以前レビューでも登場したレゴハリーポッターシリーズのミニフィグでサイズを比較してみました!

レゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2 71028 に含まれている足の長さ3種類について

こちらは「レゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2 71028」(2020年9月1日発売)に含まれていたミニフィギュアです。

足の長さの違いがわかるでしょうか?

単独で見てみると、大人サイズと中間サイズはそれぞれ前後に足を動かすことができるようになっていて、パッと見ただけでは気付きにくいかもしれません。

左:グリップフック 中央:ネビル 右:ハーマイオニー

左のグリップフックは子供ではないのですが、小さな種族のゴブリンなので、足が短いレッグになっていました。後ろから見ると長さの違いが分かりやすいですね。

足部分のパーツだけを並べてみると、違いは一目瞭然です。

足の長さ3種類の違いと特徴について

ミニフィグの足の長さ3種類には、以下の違いと特徴が確認できます。

短いサイズ(Legs Short):ショートサイズのレッグです。足を動かすことは不可なタイプです。小さな子供から、ゴブリン、トロールズなど背の低いキャラクターに主に採用されています。

中間の長さのサイズ(Midium Legs / Hips and Medium Legs):中間(ミディアム)サイズのレッグです。足の角度を変えられるので座らせたり動きをつけることが可能。ハリーポッターやストレンジャーシングスなど中学生くらいの若い学生やキャラクターを中心に採用されています。また、レゴモンキーキッドのピグシー(豚)にもこの足の長さが使われています。

通常サイズ(Legs / Hips and Legs):通常の長さのレッグです。足の角度を変えられるので座らせたり動きをつけることが可能。大人を中心に採用されているサイズです。

※中間サイズは足の長さが通常サイズより短く、座らせたときに上半身が少しだけ前に来るため、組み立てたモデルによってはブロックの干渉があるかもしれません。

特に、レゴハリーポッターシリーズでは主役のハリーポッターを中心に、子供から大人サイズになるまでの映画シーンが再現されたレゴブロックセットが発売されていますので、成長過程で3種類のサイズが異なるミニフィグが揃っていて比較がしやすいですね。

ハリー・ポッターのミニフィグのサイズを比較

では、レゴハリー・ポッター シリーズのミニフィグが3種類揃ったので、早速足の長さを比較してみたいと思います!

まず、こちらは「レゴハリーポッター ホウキのふくろう便 ミニセット 30420」セットに付属していたミニフィグです。ホグワーツ魔法魔術学校の制服を着た子供サイズになっています。

そして、足の長さが異なるハリー・ポッターが2種類です。

左:「レゴミニフィギュア ハリーポッター シリーズ2 71028」のハリー・ポッター
右:「レゴ ミニフィギュア 「ハリー・ポッター」&「ファンタスティック・ビースト」 シリーズ1 71022」のハリー・ポッター

レゴハリーポッター シリーズのセットで確認してみると、例えば映画シリーズのハリーポッターと死の秘宝 Part1とPart2(17〜18歳の設定)の時には、もう大人サイズのレッグが採用されているようです。

このように、ハリーの子供の頃からの成長過程でミニフィグのサイズを比較してみるとはっきりと違いが分かりやすいですね。左から順に少しずつ足の長さが長くなっています。

中間サイズのレッグの長さは商品パッケージだけ見ても区別がつきにくいですので、遠目で見ると意外に気付きにくいかもしれません。

サイズは別にしても、キャラクターの髪型や表情なども成長による変化が表現されていて、ハリー・ポッターシリーズのようにキャストと共に成長して変化していく姿がミニフィグでもよく再現されているのは素晴らしいと思います。

映画のどのシーンや年代が再現されたセットかによって、ミニフィグにも違いをもたせているのは楽しいポイントです。

以上、今回はミニフィギュア(ミニフィグ)の3種類のサイズを比較してみました。

オススメの記事

2016年から登場した「赤ちゃん」フィギュアについてはこちらの記事へ。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント