> 本日のAmazonレゴセール・クーポン情報 <
スポンサーリンク

レゴクリックブリック店舗にて「レゴアイデア 赤ひげ船長の海賊島」の販売開始!7月1日から

これまで販売店舗が限られていた「レゴ アイデア 21322 赤ひげ船長の海賊島」が、2020年7月1日(水)からレゴクリックブリック店舗でも発売されることが告知されました!

【追記】赤ひげ船長の海賊島セットが、2020年7月1日からAmazon.co.jpでも取り扱いが開始されていることを確認しました。

出典:LEGO.com – Pirates of Barracuda Bay

このレゴ(LEGO)製品は、2020年4月1日からレゴストア店舗や、レゴ認定販売店「ベネリックレゴストア楽天市場店」などで先行発売されたセットです。

「レゴ アイデア 21322 赤ひげ船長の海賊島」は、4月1日の発売から品薄の状態が続いていましたが、今回、全国のレゴクリックブリック店舗へ取り扱いが広がることで、よりお求めやすくなりますね。

人気のセットなので、商品の入荷を待っていた方はぜひチェックしてみてください。

レゴ アイデア 21322 赤ひげ船長の海賊島

  • 型番:21322
  • ピース数:2,545

本セットは、難破船の海賊島がレゴブロックで再現されたアイデアセットです。

1989年のレゴモデルである、レゴパイレーツ赤ひげ船長のダークシャーク号にインスピレーションを受けて、難破船から作られた海賊島が表現されたアイデアとのことです。

この「レゴ アイデア 21322 赤ひげ船長の海賊島」は、難破した海賊船で作られた海賊たちのアジトをモチーフとしたセットです。

1989年に発売されたクラシックなレゴである「赤ひげ船長のダークシャーク号」に触発されたアイデアセットで、海賊船のデザインや各所の構造、登場するキャラクターたちは当時のデザインを思い起こさせるものになっています。

出典:LEGO.com – Pirates of Barracuda Bay

さらにこの海賊島は、航行中の海賊船(難破する前の状態)に組み替えることもでき、往年の「ダークシャーク号」として飾ることもできるというアイデア満載の仕掛けが施されています。

このセットは、海賊たちの過ごした時間やストーリーを感じさせる情景が表現されており、当時の「赤ひげ船長」のファンにはもちろん、大人のインテリアとして飾ってもステキなセットです。

以下はレゴ社公式のデザイナー動画です。動画を見るとさらに細部へのこだわりや仕組みがわかるのでよりセットが魅力的に見えますよ。

Pirates of Barracuda Bay | LEGO Ideas Designer Video 21322

セットの大きさは、高さ59cm、幅は64cm、奥行きは32cm以上だと説明されています。サイズが大きいため飾る場所を選びそうです。

レゴクリックブリックでの赤ひげ船長の海賊島 21322の販売については、レゴクリックブリック公式サイトへ。

※店舗によって商品の取り扱いが異なるとのことですので、気になる方は事前に行かれる予定の店舗にご確認ください。

また、レゴ アイデア シリーズは、その他大型量販店などでも今後販売が開始される可能性があります。販売情報などを確認できましたら、またお知らせ予定ですよ。

コメント